SUZUKI スカイウェイブ250の特徴と買う・売る時のポイント

スカイウェイブ250は、スズキの250ccクラスビッグスクーターです。ライバルはヤマハ・マジェスティ、ホンダ・フォルツァなど、ラグジュアリー系のフルサイズビッグスクーターです。この中でスカイウェイブ250は、実用性とコストパフォーマンスを重視して選ぶ方が多いです。

落ち着いたデザインでノーマルのまま乗る方の比率が高く、学生の通学用より社会人の通勤用の人気が高いです。1998年に初代モデルが発売され、2006年にフルモデルチェンジしました。2017年9月に排ガス規制の影響で生産終了を行い、スカイウェイブ400のみバーグマン400へ車名を変えて販売しています。

マジェスティ、フォルツァ(先代)も同様に生産終了になり、ヤマハからはX-MAX、ホンダはフォルツァSiの後継車種にあたる新型フォルツァを2018年に発売しました。ライバルメーカーは、小型・軽量化によりスポーツ性能を高めたビッグスクーターに改良して、新たなビッグスクーターブームの始まる予感を感じさせています。

2018年7月現在、新型スカイウェイブ250の発売する予定はなく、当面は250ccクラスはバーグマン200のみのラインナップになる見込みです。


出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/

スカイウェイブ250のモデル一覧

2017年モデルは以下のグレードをラインナップしています。

タイプS
価格:658,800円
スカイウェイブ250のスタンダートモデル

タイプM
価格:734,400円
加速重視のパワーモードや7速マニュアルモード、自動的にシフトアップを行なうMTアシストモードを搭載
キーレスエントリー、リヤスポイラー&グラブバー、スライド式バッグレスなどの装備した250ccクラスの最上位グレード

タイプSS
価格:702,000円
エアロマスク、クリアテールランプ、メッキミラー、サイドスタンド、カラードメーターカバーなどカスタムスクータースタイルのスポーティーモデル

リミテッド
価格:691,200円
グリップヒーター、ナックルバイザー、大型バックレスト、ロングスクリーンを装備した快適性を重視したモデル

スズキ スカイウェイブ250のスペック

車種名 SKYWAVE250 LIMITED (スカイウェイブ250リミテッド)
メーカー SUZUKI(スズキ)
排気量 249cc
発売時期
エンジン形式 水冷4ストローク単気筒 / DOHC4バルブ
燃費 国土交通省届出値 39.0km
トランスミッション形式 Vベルト無段変速
クラッチ形式 自動遠心式
燃料供給方式 フューエルインジェクション
フレーム形式 パイプアンダーボーン
車両重量 218kg
乗車定員 2名
最高出力 19kW(26 PS) / 7,500rpm
最大トルク 25N・m〈2.5kgf・m〉/6,000rpm
新車価格 691,200円
中古車相場 28〜35万円(2008年)

スズキ スカイウェイブの評価

近所の街乗り  ★★★★☆
通勤・通学   ★★★★★
ツーリング   ★★★★☆
峠・サーキット ★★☆☆☆
足着き性    ★★★★☆
扱いやすさ   ★★★★☆
タンデム    ★★★★★
カスタム性   ★★★☆☆

オプションでつけるような装備も積極的にパッケージングに取り入れた、4種類の異なるグレードを用意されていたので、好みにあった仕様を選べるメリットがあります。販売台数ではライバル車種に劣りますが、オーナーレビューの評価はホンダ、ヤマハのビッグスクーターに負けていません。

耐久性やシート下収納など実用性はクラストップです。近年は軽量化して旋回性を高めたビッグスクーターがトレンドになっていますが、スカイウェイブ250はゆったりとしたシートをはじめ高い居住性を確保しています。重量は乗っていけば慣れますし、値引きを含めればライバル車種よりも割安に変えるのも大きな魅力です。

今後、400ccクラスのようにバーグマンとして復活する予定は出ていません。当面は200ccのバーグマン200がスズキのミドルクラススクーターを牽引していくでしょう。貴重な250ccクラスでモデル末期にも関わらず、最後まで4つのグレードを販売した点にスズキの信念を感じられました。

中古バイク・買取情報

人気・査定額 ★★☆☆☆
タマ数    ★★★★☆
カスタム比率 ★★☆☆☆

中古市場では2006年以前の初代モデルは、ほとんど値段がつかなくなっています。フルモデルチェンジ以降のモデルは底堅い人気を維持しています。高年式のビッグスクーターのタマが少なくなっていることや、スズキの耐久性の良さがモデルチェンジ以降の中古価格で現れています。

グレードによって特性やスタイリングが変わるので、自分の気に入ったモデルを中古で探しましょう。カスタムの需要もありますが、中古で買うなら最初からカスタム済みの中古を買った方が割安です。

当面は250ccクラスのビッグスクーターを投入する予定は出ていないので、買取価格は高年式を条件に底堅く推移しそうです。排ガス規制をクリアした新型が発売されれば、2代目のスカイウェイブ250は価値の下がる可能性があります。売却を検討している方は、新型情報も併せてチェックしておくと最適な売り時を逃しません。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

SUZUKIのバイクの特徴や買取相場
SUZUKIのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
SUZUKIのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ