ヴェルシス-X250試乗レポート〜元Dトラッカーオーナーの評価〜

ヴェルシス250の試乗車

2019年4月21日に藤沢高等自動車学校で開催された春のバイク祭り大試乗会にて、カワサキのヴェルシス-X250(VERSYS-X250)の試乗をしてきました。著者は元Dトラッカーのオーナーですが、ヴェルシス-X250はDトラッカーとは異なる乗り味でした。250ccクラスで長時間快適に乗ることを追求したモデルで、想像以上の快適性に驚きました。

●こちらの記事もあわせてどうぞ!!
カワサキ VERSYS-X 250/ツアラーの特徴と買う・売る時のポイント
新型250ツアラーバイク「VERSYS-X250」は完成度が高い!
2017年版250ccアドベンチャー(ツアラー)バイク比較

ストレスを一切感じない快適性

停止した状態でまたがってみると、見た目以上に足着き性が良かったです。軽量ボディなので足が届かなくても無理なく支えられますが、それでもしっかり両足でホールドできると気分が楽です。Dトラッカーと同様に、エンジン・フレームはKLX250をベースにしているので、車高は高めですが、シートが細くサスが沈むのでスペック以上に足着き性が良いです。

限られたスペースの中で作られた専用シートの座り心地が良く、ハンドルを握った時のライディングポジションも自然な形でした。走り出してみると思っていたよりもフワフワした感じがなく、加速やブレーキなどの基本操作による挙動はサスペンションがしっかり踏ん張ってくれます。パワーは若干の物足りなさを感じましたが、スロットルを空けるとスムーズに加速していきます。

パニアケースが付いたモデルでしたが、重量を感じることもなく長距離ツーリングを快適にこなせそうです。スピードを出す人には物足りないかもしれないですが、法的速度でゆったり巡航する使い方であれば、1日300km以上のロングツーリングも問題ないでしょう。

シート・タンク・サイドカウル・ハンドルの位置が絶妙

骨格はDトラッカー・KLXと同じですが、車種のコンセプトが違うので全体的に一回り大きな車体になっています。ヴェルシス-X250に乗って感じたのは、ニーグリップのしやすさです。シートと燃料タンク、サイドカウルを大型化していますが、ベース車両はあくまでもスリムな車体のバイクなので、ボディ全体が細い中でも股関節周辺だけふっくらとしています。自然体に近い足の開き方から少し内側に絞るとニーグリップでバイクをホールドできます。

ハンドルの高さや横幅も絶妙で、まるでオーダーメイドで作ったバイクのように、ニーグリップをした際のライディングポジションがしっくりきました。体型や好きなポジションの好みは人それぞれ違いますが、身長を問わず多くの方が快適に乗れるポジションになっていると思います。気になる方は展示車両や試乗車を探して試して見てください。試乗できない時でもステップに両足を乗せてニーグリップした時のポジションを確認しましょう。

優等生すぎるのがネック

ヴェルシス-X250は長距離ツーリングやキャンプツーリングで活用するには最適なバイクです。大型アドベンチャーと比較すれば非力で長距離移動はストレスになりますが、250ccの中で長い距離を疲れずに走破できるように工夫されたバイクです。ホイールはオフロード用ですが、タイヤはオンロード用なのでオフロード走行には弱そうですが、舗装道路での段差を吸収してくれて、雨の日の走行にも強いです。

250ccクラスの排気量がネックの方は試乗することで不安を解消できるでしょう。軽くて取り回しも良いので、通勤や街乗りなど市街地走行でも不便には感じません。ただし、優等生すぎるので楽しくバイクを乗るフィーリングに物足りなさを感じました。

長距離走行や荷物の積載性を重視して、目的地での楽しさを重視したい方におすすめですが、街乗りメインであれば乗り味に個性があるバイクの方が私は好きです。1つ上の兄貴分が650ccの車種を250ccまで排気量を下げているので、バイクの面白さを妥協するのは仕方ないことですが、カワサキらしさも薄れてしまった印象を受けました。

おわりに

ヴェルシス-X250は、DトラッカーやKLXをツアラー系アドベンチャーバイクに変えた派生モデルですが、単純にスタイリングをアドベンチャー風にしただけではなく、実用性の面で考え抜いて造られたているのが伝わってきます。オフロード系の直系エンジンなので、ライバルのVストローム250よりも中低速トルクがしっかりしています。

Dトラッカーと同じ系列のエンジンとは思えないほど、エンジンの設定はマイルドに抑えられていて、見た目以上にDトラッカーと乗り味の違いがあって驚きました。250ccクラスのアドベンチャーバイクは、エンジンやシャーシが他の車種をベースにしていても、バイク全体の完成度は他の車種と大きく異なります。

用途が長距離ツーリングやキャンプツーリングであれば試乗せずに買っても後悔しないと思います。街乗りを含めてマルチな使い方をする人は、250ccクラスでアドベンチャー以外の車種も一緒に試乗して乗り味を比べてみてください。

こちらの記事もあわせてどうぞ

バイクの最新ニュース
バイクの新型モデル情報、バイクグッズや法律動向などバイクに関わるバイク業界関連情報、バイクレース情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの最新ニュース
バイクの基礎知識
バイクを持つ前・持っているときに知っておきたい初歩的な知識、バイクを購入するときに知っておきたいこと、バイクを手放すときに知っておきたいことを紹介しています。
バイクの基礎知識
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ