ヤマハX-MAXが日本発売決定!!特徴、スペック、価格情報まとめ

東京モーターショー2017では、日本投入の噂が出ていた新しい250ccスクーターのX-MAXが公開され、2018年1月25日の発売が決定しました
マジェスティが火付け役になったビッグスクーターブームは過ぎ去り、250ccビッグスクーター市場は低迷が続いている一方で、T-MAXをはじめとした大型のスポーツスクーター市場は世界中で拡大しています。

X-MAXはヤマハ大人気のMAXシリーズの中核を担う車種で、T-MAXのデザイン性を継承しつつ、エンジン・シャーシは完全新設計されたニューモデルです。従来のラグジュアリー感を重視したマジェスティ250とは違い、スポーツ性能高めたスポーツスクーターです。

250ccクラスでは本格的なスポーツスクーターは国産メーカー初の投入です。ここではX-MAXの特徴、スペックをまとめました。

YAMAHA X-MAX(エックスマックス)の特徴

X-MAXは元々兄貴分の「300」と弟分の「125」のシリーズ車種が先に欧州で販売されています。日本仕様では、インドネシア仕様の250ccタイプの導入を噂されていました。今回東京モーターショーで公開されたX-MAXは、日本仕様のためにエンジン、シャーシを新設計した期待を上回る内容でした

ヤマハの250ccスクーターとしては初となるモーターサイクルタイプのフロントフォークを採用し、15インチの小口径フロントタイヤとのコンビで、小回りと高い走破性能を実現しました。フロントの足回りを横から見ると、まるでスポーツバイクのようなデザインです

従来のビッグスクーターはフロントカウル内のトランクスペースを確保するため、フレーム先端の下側に、アンダーブラケットのみでフロントフォークとフレームを連結していました。つまり、X-MAXはフロント収納を犠牲にして、走りの良さを重視したスポーツビッグスクーターです。

完全に収納がないワケではなく、フロントトランクには左右に手袋やスマートフォンが入る小型収納を完備しています。左側のフロントトランクにはスマートフォン充電に便利な12VDCジャックも設置されています。

シート下収納は大容量の45Lを確保。スポーツタイプのスクーターながら、実用性も兼ね備えているのはヤマハの上手いところです。ヘルメットならフルフェイス+ジェットタイプの2個収納可能。フルフェイス+A4サイズのビジネスバックも入るので通勤用バイクにも便利です。

バリバリのスポーツ性能重視バイクではなく、スクーターならではの実用性を残しながら、スポーツ性能を高めている点を評価できます。

X-MAX250ABSのスペック

車種名 X-MAX250ABS
メーカー ヤマハ(YAMAHA)
排気量 249cc
発売時期 2018年1月25日
エンジン形式 水冷4ストローク単気筒/SOHC2バルブ
燃費 国土交通省届出値40.7km
トランスミッション形式 乾式, 遠心, シュー
クラッチ形式 Vベルト式無段変速/オートマチック
燃料供給方式 フューエルインジェクション
フレーム形式 バックボーン
車両重量 179kg
乗車定員 2名
最高出力 17kW(23PS)/7,000rpm
最大トルク 24Nm(2.4kgm)/5,500rpm
新車価格 642,600円
中古車相場
マジェスティ250とのスペック差

従来の定番ビッグスクーター、マジェスティとのスペック、価格の違いをまとめると以下の通りです。
※()内はマジェスティ最終モデルのスペック

価格 → -79,920円(722,520円)
重量 → -9kg(188kg)
全長 → +10mm(2,175mm)
全幅 → +5mm(770mm)
前高 → +230mm(1,185MM)
シート高 → +95mm(700mm)
燃費 → +2.7km(38.0km)
最高出力 → +4PS(14kW(19PS)/6,500rpm)
最大トルク → +0.2N・m(22N・m(2.2kgf・m)/5,000rpm)

ABS非搭載のマジェスティに対して、XーMAXはABSおよびTSC(トラクションコントロール)標準装備にも関わらず、マジェスティより約8万円安くなっています
マジェスティが生産終了になった要因のひとつは排ガス規制の影響ですが、X-MAXは加速性能と環境性能を併せ持つBLUE CORE(ブルーコア)エンジンを採用し、パワーも4PSアップさせました。

フレーム剛性重視のため、フットフロアにはトンネルが付くシャーシレイアウトになり、車高とシート高はマジェスティより大幅に高くなります。重量は9kg軽量化されていますが、フレーム剛性が高いため高速走行時の安定性はマジェスティと同等以上です。

250ccビッグスクーターの販売が低迷する中で投入した新型バイクだけあって、総合力とコストパフォーマンスが高いです。これまで、スポーツ性が高い250ccクラスのスクーターが無かったのが不思議なくらい、X-MAXは時代にフィットしたスペックで、第2次ビッグスクーターブームの到来を予感させるほどの魅力を感じます

ヤマハ・X-MAXの評価

走行フィールでは、近所の買い物、ちょっとした遠出、高速走行、通勤、ツーリングなど、幅広いシーンで活躍できる万能性があります。車高を高くして、フレーム剛性と足回りが良くなったおかげで峠のワインディングも楽しめます。

マジェスティなど従来のビッグスクーターに比べると、足着き性とタンデムシートに若干の難があります。タンデムシートは大きさを確保できていますが、ひな壇形状のデザインでシート高が高く、若干の傾斜が付いているため、常にタンデムグリップかライダーを掴んでいる必要があります。

ヤマハの得意分野で需要が大きい250ccに投入した新型スクーターだけあって、装備も充実しています。鍵を持っているだけでエンジン始動できるスマートキー、調整可能なハンドルとウインドスクリーン、LEDヘッドライト、マルチファンクションディスプレイ採用メーターなどを標準装備し、実用性と質感の高いパッケージングです。

中央に配置された液晶ディスプレイは、燃料メーター、冷却水温、オド・トリップメーター、平均燃費、 瞬間燃費、バッテリー電圧、平均スピード、外気温、時計、Vベルトトリップ、オイルトリップ、タイムトリップの12項目の表示機能があります。ハンドル右手のスイッチで走行中の操作も可能です。

まとめ

私はマジェスティやフォルツァなどの定番ビッグスクーターよりもX-MAXに乗りたいと思えました。それほど魅力的な新型バイクです。排ガス規制の影響でヤマハもマジェスティやマグザムの主力車種の生産終了がありましたが、厳しい規制をクリアしつつ、パワーを向上させた点はさすがです。

MAXシリーズ最上位モデルのT-MAXも魅力的ですが、車検が必要な大排気量は所有する上でネックになります。X-MAXはT-MAXの良いところと、250ccクラスやその下のN-MAXなど125〜155ccクラスのスクーターの良い所を取ったベストなパッケージングだと評価しています

単純にスポーツ性能だけを重視するのではなく、荷物の積載性など実用性も妥協していないのは、ヤマハのスクーター分野に強いノウハウがあったから実現したことです。250ccクラスのスポーツスクーターとしてはオンリーワンの存在ですが、仮に今後他社メーカーがライバル車種を投入しても、X-MAXは追随を許さない人気を確保できるでしょう。

従来の250ccビッグスクーターと見た目が大きく変わっているので、当面の間は注目度抜群の新モデルになるでしょう。発売直後は所有する優越感が高くなるので、予約して購入する価値も高い2018年大ヒット間違いなしの新型スクーターです。

こちらの記事もあわせてどうぞ

バイクの最新ニュース
バイクの新型モデル情報、バイクグッズや法律動向などバイクに関わるバイク業界関連情報、バイクレース情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの最新ニュース
バイクの基礎知識
バイクを持つ前・持っているときに知っておきたい初歩的な知識、バイクを購入するときに知っておきたいこと、バイクを手放すときに知っておきたいことを紹介しています。
バイクの基礎知識
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ