スーパーコルサSP Ver2はコスパ・性能ともに最強バイク用タイヤ

峠でコーナーを攻めている人や、サーキットでレース・スポーツ走行を楽しむ方から、圧倒的な人気を誇っているバイク用タイヤが「スーパーコルサSP Ver2」です。

愛用している私の知人からは、グリップ力が高く、耐久性も兼ね備えていて、通販を利用すれば割安に購入できる最強タイヤだと絶賛していました。

バイク用ハイグリップタイヤとして人気の、「PIRELLI(ピレリ)ディアブロ スーパーコルサSP Ver2」についてまとめました。

スーパーコルサSP Ver2はコスパ・性能ともに最強バイク用タイヤ
参照:https://www.pirelli.com/tyres/ja-jp/motorcycle/homepage

スーパーコルサSP Ver2の実力

スーパーコルサとは、イタリアのタイヤメーカー「PIRELLI(ピレリ)」が販売する、溝付きタイヤのハイエンドモデルのバイク用ハイグリップタイヤです。正式名称はディアブロスーパーコルサ(DIABRO SUPERCORSA)です。

現在は以下の3種類のシリーズをラインナップしています。

ディアブロ スーパーコルサV2:公道走行可能ですが、レースで勝つことを目的で作られたタイヤ
ディアブロ スーパーコルサSP Ver2:スーパーコルサを公道重視で改良したモデル
ディアブロ スーパーコルサA:250ccクラスにも利用可能なリア140サイズの用意がある

本格的なレースになると、スーパーコルサV2が圧倒的人気を占めているほどではないですが、趣味で峠やサーキットのスポーツ走行、アマチュアレベルのレースをしている方はスーパーコルサSPの人気が非常に高いです。250cc〜400ccクラスではスーパーコルサAもオススメです。

従来のハイグリップタイヤは、性能や耐久性が高いと価格も高くなる相対関係がありましたが、スーパーコルサは耐久性・性能が高く、割引販売する業者も多いメリットがあります。さらにタイヤは軽量化されているので、軽量ホイールにカスタムしたような、フットワークの軽さも実現しています。

WSS(スーパーバイク世界選手権)のワンメイクタイヤに採用されていて、数多くのレースタイトルも獲得しているため、ブリヂストンやミシュランのライバルメーカーの溝付き最高級タイヤと比べても性能は同等以上です。

DUCATIのパニガーレやホンダCBR1000RRーSPの標準タイヤにも採用されているので、信頼性の高いメジャーなタイヤです。

通販で新品を安く買える

スーパーコルサSPクラスのamazonページ

スーパーコルサSPクラスのタイヤの相場は前後セットで5〜6万円です。しかし人気のスーパーコルサSP Ver2は、Amazonや価格.comなどの通販であれば3万円台で購入可能です

このほかにも、ヤフオクのショップ出品で安く販売していることもあるのでチェックしてみるとよいでしょう。

耐久性

タイヤの種類やマシン、乗り方によって耐久性は大きく変わってきますが、スーパースポーツバイクに人気のスーパーコルサSP Ver2のおおよその目安は2,000km〜4,000kmです。ツーリングタイヤやスポーツタイヤに比べると耐久性は短いですが、グリップ力の高さを考慮すると高耐久だと評価できます。

全開走行を繰り返す使い方をしなければ5,000km以上使っている人もいるそうです。

スーパーコルサSPの口コミ

初心者や本気でコーナーを攻めない人にはオススメできない

サーキットでの使用を前提にしたスーパーコルサV2は、タイヤが暖まらないとグリップ力がなく、タイヤウォーマーの使用を前提に作られています。公道仕様に改良されたSPは暖まりやすくなりましたが、温まっていない時のグリップ力は非常に低いです。

スポーツ走行初心者の方がいきなりスーパーコルサを履くのは、タイヤウォーマーを使わない場合、危険なのでオススメできません。中級者〜上級者向けのタイヤです。そこまでコーナーを攻めない人や、これからサーキットや峠で練習を始める初心者の方は、もっとランクの低いタイヤにした方が安全でストレスなく経済的にバイクを楽しめます。

スーパーコルサSPのライバル

スーパーコルサSP Ver2と同等クラスのタイヤには以下のものがあります。

・ブリヂストン RacingStreet RS10 TYPE R
・ミシュラン POWER CUP EVO
・ダンロップ α13ーSP

もっとも比較されるのは、性能的には一つ下にあたるダンロップのα14です。通販での販売価格はスーパーコルサと同等で、耐久性が高く、タイヤ温度の低い時でもグリップ力が高いと評判です。ガチのストイックな方はスーパーコルサ系、適度なグリップ力とツーリングでの扱いやすさを求めるならα14をオススメします。

またピレリからはスーパーコルサの下に、ロッソコルサ(DIABLO ROSSO CORSA)という、サーキットも走れるけど、より公道での適正が高い商品もあります。スーパーコルサまでは不要という方はロッソコルサも検討してみるとよいでしょう。

おわりに

全般的にバイク用タイヤの性能は日進月歩で年々向上しています。80年代・90年代のバイクブーム全盛期を知っているベテランライダーは、今のタイヤ性能の素晴らしさを身にしみるほど実感しているでしょう。

はっきり言って、タイヤを年間何セットも交換しているアクティブなライダーでなければ、どのメーカーのハイグリップタイヤを履いても満足できると思います。口コミやレビューの内容も、高品質クラスであれば評価は軒並み高く、ネットの情報でどのタイヤが良いのか判断するのは難しいです。

私は、実際に峠やサーキットを走っている方の中で人気の高いタイヤを選ぶのが一番無難だと思っています。少なくても私の周りでアクティブな乗り方をしている人からは、スーパーコルサのシェアが非常に高いので、信頼できるタイヤだと断言できます。

ただし、私の周りでスーパーコルサを履いている人はライディングテクニックもそれなりにありますし、峠でも安全性を確保した走り方をするノウハウを持っています。スーパーコルサを含めてハイグリップタイヤは温まった時のグリップ力は素晴らしいですが、タイヤ温度が低いと危険なので、初心者は少しずつ下のランクのタイヤからステップアップしていくとよいでしょう。

バイク用品・バイクパーツの基礎知識の情報はこちらのページ

こちらの記事もあわせてどうぞ

バイク用品・バイクパーツの買取や処分
バイクを手放す時には、パーツや部品の処分も検討しないといけません。
バイク用品・バイクパーツの買取や処分
バイクを持つ
「バイクを持つ」では、バイクの購入方法、メンテナンス、保管方法、税金・保険・車検などの維持費について紹介しています。
バイクを持つ
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
バイクの最新ニュース
バイクの新型モデル情報、バイクグッズや法律動向などバイクに関わるバイク業界関連情報、バイクレース情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの最新ニュース

コメントを残す

;
サブコンテンツ

ページの先頭へ