ヤマハ WR250Rの特徴と買う・売る時のポイント

WR250Rは、市販車オフロード最速の呼び声もあり、高いブランド力を持っています。本格的なオフロード走行や、エンデューロレース参戦をする予定がない街乗りユーザーも、そのブランド力に憧れて購入を検討する方が多いです。

WR250Rは4サイクル単気筒の250ccエンジンで、ジャジャ馬のように初心者では扱えきれないようなパワーはありません。メーカーも街乗りでも楽しめるバイクとして売り出しています。

WR250Rを街乗りバイクとして使う場合、扱いきれるかといった問題よりも、乗っていてストレスを感じることが問題です。シート高は895mmで足付き性が悪く、中低速での加速性能は高いですが、高速域ではトルクが足りず振動が大きくなります。燃料タンクの容量は少なく、ハイオク仕様のため長距離ツーリングの適正も低いです。また、レーサーに近いエンジン設定なので小まめにメンテナンスしてあげないと故障リスクが高いデメリットもあります。

結果的に、街乗り用で購入した初心者の場合、ストレスや維持の問題ですぐに手放してしまう方が多いです。バイクとしての性能は素晴らしいですが、WR250Rはあくまでもオフロード走行に特化したバイクだという事をしっかり認識しておきましょう。

ヤマハ WR250Rの特徴

車種名 WR250R
メーカー ヤマハ(YAMAHA)
発売時期 2007年〜
排気量 249cc
エンジン形式 水冷4ストローク単気筒/ DOHC4バルブ
燃費 34.0km(60km平地走行)
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
燃料供給方式 フューエルインジェクション
フレーム形式 セミダブルクレードル
車両重量 132kg
乗車定員 2名
最高出力 23kW(31PS)/10,000rpm
最大トルク 24Nm(2.4kgf/m)/8,000rpm
新車価格   721,440円
中古車相場 40万円〜60万円
想定売却価格 25万円〜45万円

WR250Rの評価

WR250Rは「オフロードのYZF-R1」をコンセプトに開発したプレミアムオフロードバイクです。国産市販オフロードでは初のアルミ製フレームや悪路走破性能に優れたパワフルな水冷エンジンを搭載し、エンデューロレースでよく見かける競技需要が高いバイクです。

車両重量132kgでフレーム剛性が高く、足回りの完成度も非常に高いです。しかし、低いギア比、7.6Lのガソリンタンクとハイオク仕様のエンジン、90cm近いシート高など、誰でも気軽に扱えるスペックではありません。本格的にオフロード走行を楽しみたい方に向けたバイクです。

派生車種でロードタイヤを履いたモタード仕様のWR250Xもありますが、同様に競技向けのストイックな設定になっています。公道走行可能の250ccオフロードバイクですが、中身はレーサーに近く、中〜上級者向けの車種です。

新車値引き・カスタムに関して

wr250r

WR250Rはスポーツ性に特化したプレミアムモデルで、従来は値引き余地がほとんどない車種でした。しかし、近年は250ccとしては高額な価格帯や、250ccオフロード市場の減少で値引きに積極的な販売店も増えてきました。目標値引きは5〜10万円で格安販売店では15万円前後の値引き事例もあります。販売店が値引きを渋ってきたら、他の販売業者にも相談するとよいでしょう。

競技需要の高いバイクで、走行性能を重視したカスタムが人気です。ただしノーマルの完成度が非常に高く、保安部品を外しただけでエンデューロレースに参戦する人も多数います。カスタムはマフラー、サイドカバー、ハンドルカバーなどが人気です。
街乗り重視の方はヘッドライトやローダウン化をする方が多いです。

中古バイク・買取情報

新車販売台数が多い車種ではありませんが、最近では2010年以前のモデルを中心に中古のタマが増えてきました。それでも、家の近所で必ず見つかるほどの流通量はないので、気になる中古バイクを見つけた時はチャンスです。スポーツ性能が高く中古市場では高い評価を得ています。レースやオフロード走行で使われていたバイクが多いので、状態の見極めは慎重に行いましょう。

最近では新車値引きも増えてきたので、中古ではなく新車購入を検討することもオススメです。

買取情報は高値で安定しています。ライバルにはない高いオフロード性能を持った車種なので、今後も大きな値崩れを起こす事はないでしょう。ただし、オフロード走行している方は状態の評価が業者によって変わってきます。複数の買取業者を比較検討するとよいでしょう。

おわりに

私はオフロードバイクでのトライアル走行をしていた経験がありますが、WR250Rは憧れのバイクのひとつです。現在250ccの市販バイクでは圧倒的な実力があります。実際にWR250Rに乗った事はないですが、エンジンスペック以上に乗るとパワフルに感じるといった口コミが多く、一体どのような乗り味なのか気になります。

街乗りやツーリング専用といった使い方には向きませんが、コースや林道、山や川まで自走で走っていきたい人には最適なバイクです。オフロードの競技需要が高いバイクですが、新車価格が高額で、無理しない運転で転倒歴が少ない中古が多いのも特徴です。

本格的にオフロードを走りたい人には定番のバイクで、今後もブランド力が落ちることはないでしょう。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

YAMAHAのバイクの特徴や買取相場
YAMAHAのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
YAMAHAのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ