YAMAHAのバイクの特徴や買取相場

tyosha_small
YAMAHAは私の中で今最も注目しているバイクメーカーです。

2015年度の新車販売台数では、幅広い部門でライバルのHONDAを上回るなど、ここ数年でシェアを大きく伸ばしています。
もし私がバイクの購入相談を受けたら、次の車種をオススメします。

・原付2種 → 速さを求めるなら、シグナスX
・スーパースポーツ → 戦闘力やスタイリングの面でYZF-R1(予算が許すなら)
・400ccクラスのアメリカン → ロードスター400クラシック
・面白いライトスポーツ → YZF-R25/3/125
・オフロードバイク → 競技や本格的な林道走行をやるならWR250R

こうしてまとめてみると、YAMAHAのバイクは全メーカーの中でもオススメ車種が多いと再確認できました。

また、私のなかでは認知度が低かったですが、調べてみるとMT-07/09の評価も非常に高く、大型バイク部門でよく売れているようです。

また高年式を中心に、中古市場も盛り上がっているので、今が売り時と言えるでしょう。
YAMAHAのバイクの特徴や評価が高い理由、中古市場の動向を紹介します。

YAMAHAのバイクの特徴

YAMAHAは1955年創業のバイクメーカーで、設立当初からレースでホンダなどの先行メーカーを抑えて優勝するなど高い実績を残しています。
1980年代のレプリカバイクブームの時には、ホンダにエンジン性能で劣るものの、コーナリング性能が高く評価されて「ヤマハハンドリング」と称された事もありました。

ここ近年は車両の高性能化が著しく、世界最強のバイクメーカーと評価される事もあります。
フラッグシップのYZF-R1は200馬力を誇り、ライバルより高い評価を得ています。

他にも250ccクラスのYZF-R25や公道用オフロードバイクのWR250R、原付2種のシグナスXなどカテゴリー最速のマシンが多数あります。外観のデザイン性も向上して、迫力よりもシャープにまとまった美しいフォルムが特徴の車種が多いです。

また、ライバルメーカーが苦戦している401cc以上1000cc未満の大型ミドルクラスでMT-07/09をヒットさせています。MTシリーズが人気の理由は、2気筒なのにドコドコといった振動やストレスをほとんど感じさせない先進性の高いフィーリングとレスポンスです。

さらに前二輪3輪バイクのトリシティもライバルを追従を許さない独自のブランド力を構築するなど、YAMAHAのバイク開発技術は間違いなく世界トップクラスです。

新車の売れ筋バイク

1位 YZFーR25
2位 シグナスX
3位 マジェスティS
4位 MT-07
5位 トリシティ125

新車の売れ筋車種上位は、シグナスXを除いて、近年登場した新型車種が並んでいます。YAMAHA躍進の要因は、新型車の相次ぐ成功です。
インターネットでの口コミレビューや試乗インプレッションなどの情報が増えたことも後押しになっています。

販売台数が好調な人気車種は、軒並みオーナーや専門家から高評価を得てい
スポーツバイク、オフロード、スクーター、アメリカンなど幅広いカテゴリーに強い総合力のあるバイクメーカーです。

YAMAHAのバイクの中古買取相場や中古市場動向

車種名排気量買取相場(目安)
YZF-R1997cc30万円~110万円
MT-07688cc30万円~50万円
トリシティ125124cc15万円~25万円
ドラッグスター400399cc5万円~35万円
WR250R249cc15万円~45万円
EC-03電動スクーターNA
ジョグZR49ccNA
YBR250249ccNA
YZF-R15149ccNA
マジェスティ250249ccNA
MT-09トレーサー846ccNA
MT-09846ccNA
ボックス49ccNA
ビーノデラックス49ccNA
BW’S49ccNA
グランドマジェスティ400394ccNA
YZF-R3320ccNA
TMAX530530ccNA
ボルト941ccNA
XT250X249ccNA
マクザム249ccNA
SR400399ccNA
V-MAX1,679ccNA
トリッカー249ccNA
WR250R249ccNA
セロー250249ccNA
アクシス トリート124ccNA
シグナスX SR124ccNA
マジェスティS155ccNA
YZF-R25249ccNA
MTー25249ccNA
MT-03660ccNA
YZF-R6599ccNA
XJ6600ccNA
FZ8779ccNA
MT-011670ccNA
FZ1 FAZER998ccNA
FJR1300A/AS1,297ccNA
XJR13001,250ccNA
マジェスティ125124ccNA
YAMAHAのバイクは新車の人気が上昇していて、中古市場でも高年式モデルは高値で流通しています。2000年以降は売れない車種をラインアップから外し、新型車を続々と投入した戦略が功を奏しています。

現行モデルでは、カテゴリー自体が衰退すているマジェスティ250など、一部の車種を除いて中古車相場が高いです。特に、ここ最近登場した新型車種は高いリセールバリューを期待できます。

現在、YAMAHAのメーカとしてのブランド力が上昇していて、今後ますます中古バイクの価値が上がっていく可能性があります。
型落ちモデルでは、同年代の他メーカーのライバル車種と比較して中古車相場が低い傾向があります。

つまり、YAMAHAのバイクは中古車市場で盛り上がっていますが、年式を問わず無条件で高く売れる訳ではありません。
近年導入された新型車は中古のタマ不足が目立っているので、売却を検討している場合は早めに検討しましょう。

高く売れるバイク

1位:YZF-Rシリーズ
2位:MTシリーズ
3位:シグナスX
4位:WR250R/X

高く売れるバイクランキングで紹介している車種以外にも、次のバイクはリセールバリューが高いです。

・トリシティ125
・ドラッグスターシリーズ
・NMAX
・ジョグZR
・SR
・マジェスティS
・TZRシリーズ

歴史がある人気シリーズや、新車の人気が高いモデルは高額査定の可能性が期待できます。タマ数が多い人気車種が多いので、バイクの状態や程度によって売却金額は大きく変動します。

YZFシリーズやWRシリーズなどハイスペックで競技需要もある車種は、事故転倒者でも優良業者を利用すれば高額査定が付く事があります

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ


バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。

『バイク王』の公式ホームページはこちら

一括査定でじっくり売り先を探す


手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。

『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

バイクを売るコツをもっと知る

バイクをできるだけ簡単に売りたい方、できるだけ早く売りたい方はこちらの記事をご参考ください。
早く、簡単に売る中でも、できるだけ高く売る方法を紹介しています。

バイクを早く売る方法、簡単に売る方法

手間や時間がかかってもいいから、できるだけ高く売りたい方はこちらの記事をご覧ください。
できるだけ高く売る方法の中で、できるだけ手間がかからない方法を紹介しています。

バイクを手間がかかっても一円でも高く売る方法
サブコンテンツ

ページの先頭へ