イントルーダークラシック400の特徴と買う・売る時のポイント

イントルーダーシリーズは第5世代に区分されていますが、最新にあたる第5世代はブルーバード(日本仕様1,500cc、国外仕様1,800cc)になっています。

400ccクラスはインフェクション化以外は、ほとんどデビューから変更がなく、イントルーダーシリーズで見れば比較的新しい車種にあたります。

流行に左右されないスタンダートなアメリカンバイクなので今後も大きな変更もなく新車販売が継続されていく事が予想されます。イントルーダークラシック400の最大の魅力はクラス最大の大きさと重厚感になります

しかしそのため、免許を取ったばかりの初心者の人や、小柄な人や女性にはあまりオススメできない、400ccクラスの中でもハードルの高い車種とも言えます。

スズキ イントルーダークラシック400の特徴

車種名 イントルーダークラシック400
メーカー スズキ(SUZUKI)
排気量 399cc
エンジン形式 空冷4ストロークV型2気筒 / SOHC4バルブ
燃費 国土交通省届出値33.0km
トランスミッション形式 常噛5段リターン
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
燃料供給方式 フューエルインジェクション
フレーム形式 ダブルクレードル
車両重量 275kg
乗車定員 2名
最高出力 24kW(33PS)/8,000rpm
最大トルク 33Nm(3.4kgm)/6,000rpm
新車価格   853,200円〜
中古車相場 10万円〜60万円
想定売却価格 3万円~40万円

イントルーダークラシック400の評価

イントルーダーはスズキのアメリカンシリーズ。1980年代からの歴史がある車種で第1世代〜第5世代に区分されています。イントルーダークラシック400は2001年に発売された第4世代にあたるバイクです。シリーズ初の400ccのアメリカンです。

クラシックはグレードではなく400ccクラスの名称になっていて、標準とキャストホイール仕様(約3万円割高)の2グレードが用意されています。

バイク乗りの間では、「インクラ」と略して呼ぶ動きがあり、キャストホイール仕様は「インクラキャスト」と呼びます。中免で乗れるアメリカンの中でも最も大きいモデルで、ライバルのドラッグスター400よりも車両重量が重いです。

免許の都合で、400cc以下で少しでも大きく迫力があるアメリカンを求めている人にオススメです

フレームは2006年に生産終了になったイントルーダー800と共通になっていて、見た目は750ccクラス同等の車格を持っています。2008年11月にインジェクション化によってマイナーチェンジがされましたが、外観の変更はエアクリーナーカバーの形状変更のみです。

2016年モデルをもって、イントルーダーシリーズをはじめ、スズキのアメリカンバイクは全て生産終了になりました。一部の在庫をもって新車購入はできなくなります。

新車値引き・カスタムに関して

400ccクラスの中でも定価が高い車種です。型も古く新車値引きも大きかった車種です。値引き相場は15万円~20万円でした。現在は生産終了になり、在庫も全国で残りわずかとなっております。新車購入を希望の場合は、値引き額よりも早めに在庫を押さえることを優先させましょう。

カスタムでも人気が高い車種です。スカチューンやロングフロントフォークなどの大掛かりなカスタムをする人は比較的少ないですが、アフターパーツも充実していて、カスタマイズ性が高いバイクです。イントルーダー伝統のV型2気筒エンジンを搭載しているので、マフラーの交換がオススメです。

中古バイク・買取情報

車格が大きいバイクで魅力が高いので人気はありますが、重たく扱いにくいバイクなのでリタイヤして代替えや手放す人も多いバイクです。こうした玄人向けのスペックになっている事から中古相場は定価と比較してみると若干安めです。

ただ、クラシックスタイルでデビューから大きな変更もしていない車種なので、中古相場は安定していて、今後も値崩れを起こすリスクが少ないです。

年式よりも、走行距離を中心にしたバイクの程度やカスタムなどが中古価格にダイレクトに反映されている傾向があります。

売却を検討している人は、仮に屋外放置をしているならすぐに売る事が必要です。綺麗な状態をキープできるのであれば、売却時期を遅らせても買取価格はほとんど変わりません

中古購入を検討している人は、バイクの状態を見極める事が必要な車種で、安い価格で店頭に並んでいるバイクは警戒する事も必要です。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

SUZUKIのバイクの特徴や買取相場
SUZUKIのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
SUZUKIのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ