スズキ GS500の特徴と買う・売る時のポイント

GS500は輸出専用のネイキッドバイクです。GSシリーズといえば、1976年から1980年に発売された初代GS400が有名で、旧車として中古バイク市場ではプレミアム価格で流通しています。1989年にGS400EはGS500(E)をベースに再発売され、1993年に生産終了しました。

空冷4サイクル並列2気筒エンジンを搭載して、吸い込みの大きいエンジンフィーリングがGSシリーズの特徴です。なお、末尾に「E」の付くモデルはキャストホイールやギアポジションインジゲータなどを装着した上級グレードです。

GS500は1989年に発売し、2011年まで生産していました。2004年にはフルカウルを付けた派生モデルのGS500Fを発売して、2011年まで通常グレードと並行して販売されていました。海外モデルのみなので流通量は少ないですが、評価の高い空冷2気筒エンジンを2011年まで生産していたことから、コアなファンの多い車種です。

2代目GS400と共通のスタイリングで、存在感のあるチューブフレームが特徴で初代GSのレトロな雰囲気とは一味違います。適度なボディ剛性とGS400に近いエンジンフィーリングを求めている方にオススメです。

ここでは、スズキ(SUZUKI)GS500の特徴や買取相場を紹介します。

GS500の特徴まとめや買取相場

車種名 GS500
メーカー SUZUKI (スズキ)
排気量 487cc
販売時期 1989年-2011年
エンジン形式 空冷4スト並列2気筒DOHC2バルブ
燃費
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
燃料供給方式 キャブレター
フレーム形式 ダブルクレードル
車両重量 199kg
乗車定員 2名
最高出力
最大トルク
新車価格
中古車相場

GS500の特徴

GS500は人気のエントリーモデルのバイクです。発売当初はイギリスで販売され、その後ヨーロッパや北米で販売されています。現在では主に南米で製造、販売されているようです。

今や希少なDOHC空冷2気筒4バルブを、太いサイドビームのダブルクレードルフレームに搭載しています。フロントはシンプルにシングルディスク。ネイキッドとフルカウルのFを用意しています。燃料タンクは長距離も安心な容量20Lです。

スズキ GS500の評価

近所の街乗り  ★★★☆☆
通勤・通学   ★★☆☆☆
ツーリング   ★★★★★
峠・サーキット ★★☆☆☆
足着き性    ★★★☆☆
扱いやすさ   ★★★★☆
タンデム    ★★★★☆
カスタム性   ★★★★☆

初代GS400は暴走族や旧車會に人気の車種で「族車」という愛称が定着し、盗難リスクの高い車種です。GS500は90年代のバイクらしい落ち着いたスタイリングで、暴走族からの人気は低いです。エンジン形式は同じなので、GSらしいフィーリングを感じながらおとなしく乗りたい方にオススメです。

2011年まで生産していましたが、基本構造は1989年の発売当初から大きな変更はありません。キャブレターを採用し、吸気が大きく冷却性能の弱い空冷エンジンのため故障リスクは高いです。自分でメンテナンスのできない方は、街乗り、通勤・通学など距離を乗る使い方はオススメできません。ツーリング中心の使い方をするべき車種です。

空冷2気筒エンジンなので同年代のバイクに比べて軽量で、フレーム剛性の強いため乗りやすいです。4気筒エンジンやレスポンスの良い高年式の水冷2気筒エンジンとは違った魅力があります。

中古バイク・買取情報

人気・査定額 ★★★☆☆
タマ数    ★☆☆☆☆
カスタム比率 ★★★☆☆

2018年7月現在、中古バイク情報サービスへの登録は一切ありません。流通量の少ない車種でコアなファンのオーナーが多いため、市場へ売りに出ることはほとんどありません。

比較材料として国内販売もされていたGS400(E)の中古情報を見ると、90年代前半の中古で25〜35万円ほどの販売価格が相場です。同年代のネイキッドバイクの中では高く評価されていますが、状態さえ良ければ100万円以上の値段が付く初代GS400のようなプレミアムは発生していません。

GS500は排気量が大きく希少性の高い点と、高年式モデルの存在していた強みがあります。当サイトの予想では市場で売りに出た場合、90年代前半のモデルで40〜50万円。2000年代後半の最終型に近いモデルで50〜70万円の販売価格になると予想します。

売却時の買取価格は店頭に置いてすぐに売れる車種ではないので、店頭販売価格との差は大きくなります。90年代前半モデルで10〜20万円。2000年代後半モデルで低走行など状態の良いことを前提に30〜40万円ほどです。
エンジンフィーリングが魅力の車種なので社外マフラーのついている中古はプラス査定を期待できるでしょう。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

SUZUKIのバイクの特徴や買取相場
SUZUKIのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
SUZUKIのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ