スズキ GLADIUS 650の特徴と買う・売る時のポイント

GLADIUSはスズキが製造販売しているバイクの車種名で、日本市場向けの「グラディウス400 ABS」と、日本国外輸出向けの「SFV650グラディウス」の2車種があります。ここでは、SRV650グラディウスの情報を紹介しています。

SV650に搭載されている645ccV型2気筒エンジンを新開発のトラスフレームに搭載し、2009年モデルの新型車として日本国外への輸出が開始されました。当初は輸出仕様のSFV650のみでしたが、グラディウス400 ABSも2009年に販売が開始されました。
マイナーな車種ではありますが、モトマップが正規販売するなど、国内での流通量もそれなりにあります。

GLADIUSはスリムなトラスフレームにSV650をベースとするVツインエンジンを搭載しています。低中速域の扱いやすさとスリムで軽量な車体が生み出す自然なハンドリングが魅力です。
エクステリアをはじめ異型ヘッドライトやサイレンサーなどに、有機的なデザインが施されています。またABS装着モデルもラインナップされています。

スポーティーな水冷Vツインエンジンは650ccの排気量との相性がよくて、国内仕様の400ccモデルは日本の免許制度の都合でボアダウンさせたモデルです。つまり、グラディウスの本家は海外モデルの650ccで、パワーやフレームなどは650ccモデルに合わせて最適化されています。

近年流行になりつつあるミドルクラスの2気筒エンジンバイクですが、同じ排気量の4気筒バイクに迫るハイパワーを持っている排ガス規制の緩い時代に販売していたバイクならではのスポーティーさがあります。

スズキ(SUZUKI)GLADIUSの特徴や買取相場を紹介します。

GLADIUSの特徴まとめと買取相場

車種名 GRADIUS (グラディウス)
メーカー SUZUKI (スズキ)
排気量 645cc
発売時期 2009年-2017年
エンジン形式 水冷4ストロークV型2気筒DOHC4バルブ
燃費
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
燃料供給方式 フューエルインジェクション
フレーム形式 ダイヤモンド
車両重量 205kg
乗車定員 2名
最高出力 53kW〈72PS〉/ 8,400rpm
最大トルク
新車価格 924,000円(モトマップ価格)
中古車相場 40〜50万円(2012年式)

スズキ グラディウスの評価

近所の街乗り  ★★★☆☆
通勤・通学   ★★☆☆☆
ツーリング   ★★★★☆
峠・サーキット ★★★★☆
足着き性    ★★★☆☆
扱いやすさ   ★★★☆☆
タンデム    ★★★★☆
カスタム性   ★★★★☆

スポーティーなVツインエンジンは、4気筒エンジンよりも軽くて同等のパワーを出せるメリットがあります。L型の90度エンジンでヘッドライトの位置を低めにして楕円にしたデザインは、DUCATIのモンスターに近い特性があります。

国産バイクならではの耐久性があり、400ccに比べてピークパワーが低い回転数で出るためエンジンの摩耗が少ないです。パワーが大きいだけではなく、現行モデルで流通している並列2気筒エンジンに比べ、一味違うエンジンフィーリングを感じられます。

国内モデルのグラディウス400ABSは排ガス規制の影響を受けているため、650ccモデルの方が重量は1kg軽いです。車体は400ccと650ccで共通ですが、車体を最適化させているので、ホイールベースは650の方が1cm短く、400ccクラス以上のコーナリング性能を期待できます。

モトマップも2018年モデルからラインナップを外れてしまい新車購入はできませんが、大型免許を持っているのであれば、400ccより650ccモデルを選ぶことをオススメします。
最高出力を8,400回転で発生させるので、中低速トルクが太くて街中でのゴーストップへの適性が高く、ツーリング時にパワーのゆとりを感じられます。

中古バイク・買取情報

人気・査定額 ★★★☆☆
タマ数    ★★☆☆☆
カスタム比率 ★★☆☆☆

海外モデルのため、中古のタマ数は少ないです。2018年8月10日現在のGoo-Bike登録台数は23台なので、近隣の県を含めて探せば中古を見つけられます。

スポーティーなVツインエンジン搭載モデルなので中古相場は高くて、特に高年式のABS搭載モデルの人気が高いです。2013年式以前のABS非搭載モデルであれば割安な中古もあります。

経年数とともに買取価格は下がっていくので、売却を検討している方は早めの売却をオススメです。2009年から2011年の初期型はすでに相場が底打ちをしています。

400ccと共通ボディなのでカスタムパーツの互換性は高いです。ただし、マフラーは400cc用を流用できず、国内で社外マフラーの流通量が少ないため、カスタム比率は400ccより少ないです。650ccモデルはツーリング需要が高いので、キャリアボックスの取り付けが人気の高いカスタムです。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

SUZUKIのバイクの特徴や買取相場
SUZUKIのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
SUZUKIのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ