スズキ DR-Z400シリーズの特徴と買う・売る時のポイント

DR-Z400シリーズは、オフロードのSよりスーパーモタードのSMの方が人気が高いです。DR-Z400SMはオンロードのスポーツ走行性能が高く、倒立フォークや大型ディスクブレーキを採用し、サーキットでも存在感を放っているバイクです。サーキットのショートコースやミニバイク併用コースでは、レーサーレプリカと互角以上の勝負ができます。ライバル不在の400cc本格オフロード&モタードバイクで、スズキの伝説のバイクと称されることもあります。

現在も新車購入可能ですが、キャブ車に電子制御はなく、レーサーをベースにしたスペックのバイクです。乗りこなすのには、それなりの技量が必要です。

スズキ DR-Z400シリーズの特徴

車種名 DR-Z400S
メーカー スズキ(Suzuki)
発売時期 2001年〜現在
排気量 398cc
エンジン形式 水冷4ストローク単気筒 / DOHC4バルブ
燃費 40km(60km/h定地走行)
トランスミッション形式 常時噛合式5段リターン
クラッチ形式 湿式多板
燃料供給方式 キャブレター
フレーム形式 セミダブルクレードル
車両重量 141kg
乗車定員 2名
最高出力 29kW(40PS)/7,500rpm
最大トルク 39Nm(4.0kgf/m)/6,500rpm
新車価格   690,900円〜
中古車相場 35万円〜50万円
想定売却価格 25万円〜35万円

スズキ DR-Z400シリーズの評価

DR-Z400シリーズは、2000年にレーサーのRMの車体をベースに、新開発の水冷4ストエンジンを搭載した本格オフロード&モタードバイクです。オフロードの「DR-Z400S」とスーパーモタードをコンセプトにした「DR-Z400SM」、競技専用のオフロードバイクの「DR-Z400・E」、300台限定の特別モデルの「DR-Z400SMZ」などのシリーズ車種があります。

吸気はキャブレターを採用していて、2008年の排ガス規制によって国内仕様は生産終了しています。現在も逆輸入モデルとして、DR-Z400SとDR-Z400SMの新車購入が可能です。

レーサーをベースにしているので車体が非常に軽く、250ccクラスと同等のボディーに400ccエンジンを積んでいるのでパワーにゆとりがあります。現行の国産オフロードバイクでは、最強スペックのバイクだと評価できます。ただし、レーサーをベースにしたキャブレター車ですので、メンテナンスには手がかかり、キャブセッティングくらいは自分できる事が望ましいです。

スズキ DR-Z400シリーズの新車値引き・カスタムに関して

国内仕様を販売していた時期も、他のバイクに比べて値引きを渋っていたバイクです。レーサーをベースにした車種なので、大衆車のような値引きは期待できません。現在は逆輸入車のみになるので、さらに新車値引きは難しいです。DR-Z400シリーズの値引き額は0円〜3万円程度です。

カスタムに関しては、マフラーが定番です。そのほかはモタードのSMの方がカスタム要素が大きいです。シリーズ全般で走り重視のバイクなので、ブレーキやキャブ、足回りのカスタムが中心になります。

スズキ DR-Z400シリーズの中古バイク・買取情報

DR-Z400シリーズはレース向けのバイクで、新車の販売台数自体が少ないです。またDR-Z400に変わるバイクも少なく、長く乗り続けるオーナーが多いので中古のタマ数は非常に少ないです。中古購入するときは全国を対象に在庫を探さないといけません。競技使用された中古も多いので、状態の見極めも重要です。

買取価格は現在も安定した高値水準をキープしています。買取業者によっては、レーサーに近いバイクの性質が分からず、状態による減点を必要以上に大きく取られる事もあります。相場情報も少ない車種なので、売却時は複数の業者の査定価格を比べてみるようにしましょう。

おわりに

DR-Z400は国産バイクでは、ヤマハのWR250シリーズがライバルになります。新車の価格帯も近いので、DR-Z400の方が排気量が大きい分の割安感もあり、パワーにゆとりがあります。しかし、ダートやトライアル、モタードのレースは250cc以下のレギュレーションが多いデメリットがあります。

DR-Z400のオーナーはレースや競技ではなく、スポーツ走行など、自分のペースで趣味としてモータースポーツを楽しみたい方から選ばれているバイクです。レーサーをベースにしたフレームにキャブレターのパッケージングを、現在も新車購入できる点に魅力を感じます。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

SUZUKIのバイクの特徴や買取相場
SUZUKIのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
SUZUKIのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ