スズキ アドレス110の特徴と買う・売る時のポイント

スズキ アドレス110は、スズキの原付2種のエントリーモデルです。廉価版の車種は本来は形が昔ながらのスクーターのシンプルなものでしたが、アドレス110はデザイン性にもこだわり、一目で最新の車種だと思える先進性は触れるデザインが魅力です。

リアスポイラーも標準装備していて、エントリーグレードにも関わらず見た目だけで言えばアドレスV125を含め、ワンランク上の車種と比べても同等以上の高級感を感じられます。

まだ発売直後でデータが少ないですが、エントリーモデルにも関わらず外観を重視してアドレス110を選ぶユーザーもいます。

知名度が低い車種ではありますが、大型ホイールの原付2種スクーターに興味がある人は是非検討候補に入れる事をオススメしたいバイクです。

address110
出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/

スズキ アドレス110の特徴

車種名 アドレス110
メーカー スズキ(SUZUKI)
排気量 112cc
エンジン形式 空冷4ストローク単気筒/OHC2バルブ
燃費 国土交通省届出値53.0km
トランスミッション形式 Vベルト無段変速
クラッチ形式 乾式自動遠心シュータイプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
フレーム形式 アンダーボーン
車両重量 97kg
乗車定員 2名
最高出力 6.7kW(9.1PS)/8,000rpm
最大トルク 8.6Nm(0.88kgm)/6,000rpm
新車価格   205,200円
中古車相場 7万円~15万円
想定売却価格 2万円~8万円

スズキ アドレス110の評価

近所の街乗り  ★★★★★
通勤・通学   ★★★★★
ツーリング   ★☆☆☆☆
峠・サーキット ★☆☆☆☆
足着き性    ★★★★★
扱いやすさ   ★★★★★
タンデム    ★★★★★
カスタム性   ★★☆☆☆

アドレス110は2015年3月に車体やエンジンなどを全て新設計してデビューした新型車種です。エンジンは110ccのSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス」と名付けられた空冷OHCの112ccを搭載。今後のスズキの原付2種では、このエンジンを搭載した車種が今後他にも出てくる可能性が高いです。

前後14インチホイールを採用して、あらゆる路面にも対応できる安定性を確保したのが最大の特徴で、国内だけではなくグローバル展開を中心に作られたバイクです。

新開発のフレームに110ccクラスの空冷エンジンの組み合わせでクラストップレベルの軽量化を達成。しっかりボディー剛性も確保していて、今後のスズキの主力になる可能性がある渾身の新型車です。

大型ホイールを確保しつつもフラットなフロアに大容量のメットインスペースを確保して総合力が非常に高いです。

ホンダのDio110を強く意識している車種ではありますが、最新装備でスペックが充実している上に現行Dio110よりも2万円以上も安い価格設定が魅力です。生産はインドネシアの工場が担当しています。

新車値引き・カスタムに関して

新車の価格設定自体が安いことから値引き枠は少なく、1~2万円の値引きが相場です。在庫販売であれば3万円前後の値引きがあり、総額20万円以内で新車購入することも可能です。

110ccではありますが、スポーティーなルックスでカスタムの需要もあります。ただし、アドレスV125シリーズに比べると非力なので、マフラーや駆動系よりも実用性や見た目を重視するカスタムが人気です。

車種のコンセプトを考えれば、ノーマルでおとなしく乗る事を前提に考えられているバイクです。廉価版の車種なので、原付2種スクーターの中では、カスタムの需要は低いです。オススメは実用性以外のカスタムには手を出さない事です。

中古バイク・買取情報

人気・査定額 ★★★☆☆
タマ数    ★★☆☆☆
カスタム比率 ★★☆☆☆

発売から2年が経過しましたが、大衆車のわりには中古のタマ数は少ないです。価格が安く実用性を重視したバイクなので、短期売却する方が少ないようです。中古相場は新車価格を考慮すれば妥当な水準で推移しています。

今後は時間の経過とともに中古のタマが増えていきますが、低走行など程度が良い中古は少ないでしょう。購入を検討している方は、距離を乗らないなら中古、通勤用など距離を乗る場合は新車や新古車を狙いましょう。

低価格が売りのバイクなので、買取価格は数万円になってしまいますが、人気の原付2種なので一定の買取額を確保できます。売却時期は特に急ぐ必要はありませんが、走行距離による査定限定が大きい車種という事を踏まえて売却時期を検討しましょう。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

SUZUKIのバイクの特徴や買取相場
SUZUKIのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
SUZUKIのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ