SUZUKIのバイクの特徴や買取相場

tyosha_small
SUZUKIはコアなファンが多いハイパワーマシンに強いバイクメーカーです。

他のメーカーでは、乗りやすさを重視したバイクが増えている中で、SUZUKIはジャジャ馬でコストパフォーマンスが高いハイパワーマシンを、現在も多数ラインナップに揃えています。

市販車では世界で初めて最高時速300kmを超えた隼は現行モデルでも健在です。国産の他メーカーが排ガス規制でミドルクラスの馬力を落としている中で、国内仕様のGSR400は61馬力とライバルを圧倒するハイパワーを誇っています。

現在の売れ筋モデルはGSRシリーズやGSXシリーズです。
私もGSX-R750(水冷モデル)に乗っていましたが、軽くてパワフルな面白いバイクでした。

私の周りでもSUZUKI愛好家が多く、彼らに聞いたSUZUKIのバイクの魅力や特徴、中古車市場の動向を紹介します。

SUZUKIのバイクの特徴

SUZUKIのバイク個性が強いバイクが多い特徴があります。
スクーターは、実用性、耐久性、コストパフォーマンスの3拍子が揃っています。ミッション車で、なおかつ排気量が大きくなるほど、ライバルとは差別化した個性が強い車種が多い傾向があります。

現在はラインナップから無くなりましたが、少し昔は油冷エンジンのバイクが多いバイクメーカーでした。

私の知人で油冷エンジンの車種に強いこだわりを持っている方がいました。その方に、なぜ油冷エンジンに乗っているのか聞いた所、次のようにおっしゃっていました。
「油冷エンジンはマフラーなど給排気系のカスタムを適当にやるだけで、簡単にパワーアップを実感できて面白い」

さらに油冷エンジンはラジエター不要で車体が軽く、エンジンのフォルムが綺麗なメリットがあります。

現行モデルは油冷エンジンモデルがなくなりましたが、197馬力を誇る隼を筆頭に、GSXシリーズ、GSRシリーズ、Vストロームシリーズなど、中級者以上のライダーをターゲットにした車種がラインナップに並んでいます。

スパルタンな性格のバイクだからこそ、乗りこなしている感覚を味わえて、人馬一体感の喜びが大きくなります。

SUZUKIのバイクの特徴をまとめると、次の理由で選ばれる事が多いです。

  • 安くて実用性・耐久性が高いバイクを求めている
  • 他の大手メーカーのバイクの乗り味に飽きてしまった
  • ありきたりの定番車種ではつまらないと感じている
  • ハイパワーマシンに乗りたい

新車の売れ筋バイク

1位 アドレスV125シリーズ
2位 GSR250
3位 GSR400
4位 GSX-R1000

SUZUKIの新車は、通勤・通学に人気のアドレスV125が販売台数1位です。自動二輪(125cc超え)ではGSRシリーズが現在の主力車種になっています。

2016年11月には、フラッグシップモデルのGSX-R1000がフルモデルチェンジ(2017年発売モデル)を発表し、今後販売台数が伸びる事が予想されています。

SUZUKIの二輪部門は、GSXシリーズを中心にラインナップを立て直すと公言しています。今後はGSRと並んで販売の軸になる、新型車種が投入される可能性があります。

SUZUKIのバイクの中古買取相場や中古市場動向

車種名排気量買取相場(目安)平均
隼, GSX1300R1,339cc30万円〜90万円60
GSR400400cc18万円〜35万円26.5
グラストラッカービッグボーイ249cc1万円〜13万円8.5
GSX14001400cc30万円〜60万円50
アドレスV125S124cc5万円〜15万円10
レッツ49ccNANA
アドレスV5049ccNANA
バーグマン200199ccNANA
ブルーバード400399ccNANA
Vストローム10001,036ccNANA
グラディウス400ABS399ccNANA
イントルーダークラシック400399ccNANA
ST250 Eタイプ249ccNANA
バンバン200199ccNANA
グラストラッカー249ccNANA
アドレス110112ccNANA
アドレスV125124ccNANA
GSX-S1000/F998ccNANA
GSR250248ccNANA
GS500487ccNANA
GSX650F656ccNANA
SV650S645ccNANA
BANDIT650656ccNANA
GSX-R600599ccNANA
グラディウス645ccNANA
GSX-R750750ccNANA
GSR750ABS749ccNANA
GSX-R1000999ccNANA
バンディット1250S ABS1,254ccNANA
DR-Z400シリーズ 398cc25万円〜35万円
SUZUKIは個性が強いバイクが多いため、他の国産大手メーカーのライバル車種に比べて中古相場が安いです。例外として、GSXーRシリーズや隼などのハイパワーマシンのみ高値で流通しています。

中古相場は安いですが、故障が少なく耐久性が高いため、SUZUKIの中古バイクはオススメ度が高いです。

新車で購入される方は、新車価格が安い事や他のメーカーにはない個性に惚れ込んでいて、リセールバリューを期待している方が少ないようです。

高く売れるバイク

1位:GSXーR1000
2位:隼
3位:DR-Z400シリーズ
4位:GSR400

SUZUKiのバイクはハイスペックのマシンが高く売れます。
中古バイクは希少性が高いと価格が高騰する事が多いですが、SUZUKIはお手頃価格で買える個性豊かな車種が多いです。

旧車では、GS400やRGV-250rガンマなどプレミア価格で流通している車種もありますが、高年式車ではライバルメーカーと比較して中古相場が高い車種は少ないです。

SUZUKIのバイクを売る時は、業者選びが重要です。
しっかり状態を見極めてくれる優良業者を選ばないと、必要以上に安く買い叩かれてしまう事があります。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ


バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。

『バイク王』の公式ホームページはこちら

一括査定でじっくり売り先を探す


手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。

『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

バイクを売るコツをもっと知る

バイクをできるだけ簡単に売りたい方、できるだけ早く売りたい方はこちらの記事をご参考ください。
早く、簡単に売る中でも、できるだけ高く売る方法を紹介しています。

バイクを早く売る方法、簡単に売る方法

手間や時間がかかってもいいから、できるだけ高く売りたい方はこちらの記事をご覧ください。
できるだけ高く売る方法の中で、できるだけ手間がかからない方法を紹介しています。

バイクを手間がかかっても一円でも高く売る方法
サブコンテンツ

ページの先頭へ