KTMのバイクの特徴や買取相場

tyosha_small
KTMは現在、最も勢いを伸ばしている海外のバイクメーカーです。
街中でKTMのバイクを見かける事も増えてきました。

私の知人のベテランライダーの方が、これまで複数のメーカーのバイクを乗り継いで来た中で、最近はKTM一筋にハマっています。
KTMはスタイリングや扱いやすさ、外車なのにリーズナブルな価格設定で興味を持たれる方が多いです。

今後は、日本の車検制度で有利な250ccクラスが導入された事もあり、ますます国内シェアの拡大が予想されます。オススメはDUKEシリーズですが、他の車種も希少性が高く売却するときに高いリセールバリューが期待できます。

KTMのバイクの特徴

KTMはオーストリアのバイクメーカーです。1953年よりバイクの製造を開始した老舗メーカーで、当初はオフロードバイク専門ブランドでした。

私がバイクを乗り始めた当初は、KTMというバイクメーカーは全く有名ではありませんでした。日本では2002年に日本法人KTMジャパンが設立してから、正規販売されるようになりました。翌年の2003年からはMOTOーGPの125ccクラスに参戦して、ロードバイクの車種も続々と投入しています。

日本法人設立前は、初心者を門前払いするような荒々しい乗り味が特徴で、国産バイクに飽きて物足りなくなってしまった方が買うバイクでした。日本で普及するようになってからは、DUKEシリーズなど扱いやすくて実用性が高いモデルも増えてきました

私がKTMオーナーへの聞き込みや、雑誌などメディアの試乗レポート、ネットの口コミ情報などで調べたKTMのバイクの特徴は次の通りです。

  • DUKEやRCなどのオンロードバイク→ サーキットでタイムを求めるのではなく、峠やスポーツ走行、ツーリングで楽しく走れるバイク
  • オフロードバイク→ 乗り手やセッティング次第でレースに勝てるバイク
  • モタード→ 遊びや走り、街乗りなどで高い性能を発揮するオールラウンダー
400ccクラスの390DUKEの場合、メーカー小売価格が592,000円です。ライバル視されるホンダの400Xのメーカー小売価格は709,560円〜なので、国産車と比べても手軽に購入できます。

部品はKTMジャパンに在庫はなく、基本的にオーストリアや生産国から注文を受けて空輸での取り寄せになります。部品の発注に短くても1週間ほどの納期がかかる事もありますが、部品単価も安くランニングコストは国産車と同等水準です

外車は新車価格や維持費が高いという概念を覆した、コストパフォーマンスが高いバイクメーカーです。

新車の売れ筋バイク

1位 250DUKE
2位 390DUKE
3位 RC250
4位 1290SUPER 0DUKE R

2015年に発売した250DUKEとRC250が売れ筋車種になっています。現在、KTMの新車の半分以上はDUKEシリーズになっています。はじめて購入するバイクでKTMを選ぶならDUKEシリーズが無難でしょう

DUKEは初心者はもちろん、スーパースポーツを乗り継いだベテランユーザーからの代替え需要も高く、総合力が高いバイクです。
2010年以降は車種のラインナップが拡大していて、新車購入の選択肢が多くなりました。

KTMのバイクの中古買取相場や中古市場動向

車種名排気量買取相場(目安)平均
390DUKE373.2cc15万円〜35万円25
250EXCーF249.91㏄25万円〜45万円35
690DUKE690cc27万円〜47万円37
125DUKE124.7㏄10万円〜25万円17.5
1290 SUPERDUKE R1,301ccNANA
RC250248.8ccNANA
KTMはここ数年で一気にシェアを拡大したメーカーです。そのため、中古のタマ数自体が少ないです。新車価格が割安なため、新車需要が高く高年式は若干割安感があります。DUKEシリーズを中心に人気が高いメーカーのため、全ての車種で高い水準で底打ちをしているようです。

2015年には日本市場を意識した250ccモデルを投入しています。200DUKEなど一部のモデルでは、値崩れが多少目立っています。

スタイリングが魅力のバイクなので、外装の状態が中古価格に与える影響が大きいです。

高く売れるバイク

1位:129SUPER 0DUKE R
2位:250EXCーF
3位:1190RC8 R
4位:690SMC R

高く売れるKTMのバイクはDUKE Rシリーズなど、新車価格が高い車種です。中古のタマが少なく、需要も大きいため高値で流通しています。

今後は新モデルの250DUKEやRC250など、日本市場を意識したモデルの人気が高まる事が予想されます。

性能やスペック面で高い評価を得ているオフロード系バイクは、手放すユーザーが少なく供給不足になっています。当面は高いリセールバリューが期待できるでしょう。

通常モデルのDUKEシリーズは、今後中古のタマ数が増えていくと今よりも買取査定相場が安くなる可能性があります。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ


バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。

『バイク王』の公式ホームページはこちら

一括査定でじっくり売り先を探す


手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。

『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

バイクを売るコツをもっと知る

バイクをできるだけ簡単に売りたい方、できるだけ早く売りたい方はこちらの記事をご参考ください。
早く、簡単に売る中でも、できるだけ高く売る方法を紹介しています。

バイクを早く売る方法、簡単に売る方法

手間や時間がかかってもいいから、できるだけ高く売りたい方はこちらの記事をご覧ください。
できるだけ高く売る方法の中で、できるだけ手間がかからない方法を紹介しています。

バイクを手間がかかっても一円でも高く売る方法
サブコンテンツ

ページの先頭へ