カワサキ W650の特徴と買う・売る時のポイント

W650は、1998年から2008年まで生産されていたカワサキのクラシックバイクです。新設計のエンジン・シャーシを採用していますが、60〜70年代に販売していたW1、W2、W3を彷彿させるデザインで、元祖ネオレトロと呼べる存在の車種です。

販売戦略上で「W]の冠を復活させた経緯を持ち、外装部品を樹脂製ではなく金属製を採用し、ハンドルの造形にこだわるなど質感を重視した造りです。

675 cc空冷4ストロークSOHC4バルブ並列2気筒は、英国車をイメージしてシリンダを直立させるなど、フィーリングだけではなく外観にもこだわっています。なお、675ccエンジンを搭載したのにW650の車名にした理由は、Wシリーズは初代W1の排気量など、「650」の数字が重要で伝統のある数字と捉えたためです。

評価の高い車種でしたが、2008年に排ガス規制の影響で生産終了しています。その後は後継車種としてW800が発売され、日本仕様は2011年から2016年にかけて販売されました。

W800はW650をベースにエンジンを773ccにボアアップしていて、車体の基本構造に大きな変更はありません。排ガス規制をクリアするためにインジェクションを採用しています。W650は2000年代のモデルとしては少ない大型バイクのキャブレター採用モデルで、インジェクションとは一味違うエンジンフィーリングがあることから、中古市場で人気を集めています。

カワサキ W650のスペック

車種名 W650
メーカー KAWASAKI (カワサキ)
排気量 675cc
販売時期 1999-2008年
エンジン形式 空冷4ストローク並列2気筒/SOHC4バルブ
タイプ ネイキッド
全幅 905mm
軸距 1465mm
燃料タンク容量 14L
燃費
トランスミッション形式 常時噛合式5段リターン
クラッチ形式 湿式多板
燃料供給方式 キャブレター
フレーム形式 ダブルクレードル
車両重量 210kg
乗車定員 2名
最高出力 37kW〈50PS〉/ 7,500rpm
最大トルク 56N・m(5.7kgf) / 5,500rpm
新車価格 686,000円
中古車相場 50-65万円(2006年式)

カワサキ W650の評価

近所の街乗り  ★★★☆☆
通勤・通学   ★★★☆☆
ツーリング   ★★★★☆
峠・サーキット ★★★☆☆
足着き性    ★★★★☆
扱いやすさ   ★★★☆☆
タンデム    ★★★★★
カスタム性   ★★★★☆

スペック的には、後から発売されたW800と大きな差はないですが、排気量の大きくてインジェクションを採用した分、中低速トルクの太さと耐久性ではW800の方が優れています。W650は往年の名車であるWシリーズの伝統をより強く受け継いだモデルで、キャブレターとの相性が良いです。

エンジンフィーリングに定評のあることから、中古市場ではW800と同等水準の価格で推移しています。こだわりの強いオーナーが強かったことから、綺麗にカスタムされた中古車両が多数流通しています。

排気量が大きくて並列2気筒のエンジン形式なので、キャブ車の中でも故障リスクは少なく、オーバーホールの頻度は5万kmに1回程度で十分です。クラシックな雰囲気とエンジンフィーリングを楽しみたい人にオススメの車種です。

車体とエンジンの基本構造はW800と同じで重量差は5kgほどです(W800は216kg)。取り回しに大きな差はなく、適度な重厚感を持っています。

中古バイク・買取情報

人気・査定額 ★★★★★
タマ数    ★★★★☆
カスタム比率 ★★★★☆

程度の良い中古やカスタムバイクは、当時の新車価格を超えるプレミア価格で推移しています。カワサキの新車販売が好調でブランド力が高まっていることや、現行車でもネオレトロが流行していることで、W650の注目度が高まってきています。

中古相場の上昇はまだ初動なので、今後さらに価値の高まる可能性もあります。タマ数は豊富でW800よりも流通量が多いです。手軽に買えて将来高く売れる可能性のある狙い目の車種で購入価格に対して高いリセールバリューを期待できるでしょう。

売却を検討している方は、綺麗な状態を維持できれば急いで売る必要はありません。状態に応じて査定の加減点が大きいので、メンテナンスする時間を取れない場合は早めに売却することをオススメします。

カスタムの需要が高く、カフェレーサーやチョッパースタイルが人気です。レトロな雰囲気のあるノーマルマフラーの評価が高く、マフラーはノーマルのままで大掛かりなカスタムをしている中古も多数見られます。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

KAWASAKIのバイクの特徴や買取相場
KAWASAKIのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
KAWASAKIのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ