カワサキ Ninja250の特徴と買う・売る時のポイント

Ninja250はスポーツ性能、実用性、扱いやすさを兼ね備えていて、私の中の評価が非常に高いバイクです。ライバルのCBR250RやYZF-R25と比較しても、初心者やツーリング用のバイクとしてオススメ度が高いです。

レースの参戦も見据えている方は、JP250クラスで300ccのボアアップまで認められている単気筒エンジン軽量ボディーの「Ninja250SL」もオススメです。250ccのスポーツバイクは、実績が高いNinja250がライバルをわずかに一歩リードしていますが、各メーカーで性能差はほとんどないと見ていいでしょう。

メーカーやスタイリングの好みで気にったバイクを選んでください。

カワサキ Ninja250の特徴

車種名 Ninja250
メーカー カワサキ (KAWASAKI)
発売時期 2008年〜現在
排気量 248cc
エンジン形式 水冷4ストローク並列2気筒 / DOHC4バルブ
燃費 40.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
燃料供給方式 フューエルインジェクション
フレーム形式 ダイヤモンド
車両重量 172kg
乗車定員 2名
最高出力 23kW(31PS)/11,000rpm
最大トルク 21Nm(2.1kgf/m)/8,500rpm
新車価格   553,500円〜
中古車相場 40万円〜50万円
想定売却価格 25万円〜40万円

カワサキ Ninja250の評価

Ninja250は、2008年より販売されているカワサキのクォータースポーツバイクです。初期型は「Ninja250R」の車名でしたが、2013年モデルで新開発のエンジン、フレームを導入したフルモデルチェンジを行い、「Ninja250」に車名変更されました。Ninja250Rを第一世代、モデルチェンジ後のNinja250を第2世代と呼びます。第2世代のNinja250では、カワサキの250ccクラス初のABSモデルを用意しています。

また、シリーズ車種では軽量ボディーに重点を置いて、トレスフレームと単気筒エンジンを組み合わせた「Ninja250SL(SLはスーパーライトという意味)」が2014年に発売され、現在も併売されています。2013年のモデルチェンジでは、年間販売目標台数6千台のところ、予約開始後わずか3日で6千台を超える注文が入る爆発的ヒットになりました。

ライバルはホンダのCBR250RやヤマハのYZF-R25があり、250クラススポーツバイクは盛り上がっているカテゴリーです。カワサキは2008年からNija250Rを販売していた実績があり、近年はメーカーとしてもモータースポーツの分野で結果を出しています。高い走行性能やエンジンチューンでパワーアップできるポテンシャルを持ちながら、ノーマルでは低いシート高、楽なハンドルポジション、マイルドなエンジン設定で初心者にも乗りやすいバイクになっています。

17Lの大容量燃料タンクなので、連続航続距離も長く、ポジションも楽なのでツーリングの適正も高いバイクです。外観はZX-6Rをイメージした2灯式ヘッドライトにスタイリッシュなカウリング、大型燃料タンクの組み合わせで先進性があり、迫力のあるデザインです。カワサキブランドや、スタイリング、新開発のダイヤモンドフレームの信頼性などが評価されて、多くの方から選ばれています。

カワサキ Ninja250の新車値引き・カスタムに関して

Ninja250は国産の売れ筋バイクですが、新車値引きはほとんどありません。正規販売店では原則値引きは0円です。業者によっては店頭在庫の値引き販売を行っています。安く買いたい方は、バイクブロスやGoo-Bikeで新車在庫の検索をしてみるとよいでしょう。販売台数が多い売れ筋車種なので、在庫を持っている販売業者は多数あります。格安業者では車両価格45万円(10万円相当の値引き)で、乗り出し価格52万円前後で売られているケースもあります。

カスタムに関しては、マフラー、バックステップ、ETCなどが人気です。ノーマルの外観に定評があるバイクで外装のカスタムはスクリーン交換程度で需要は低いです。今後も続々とアフターパーツが発売されていくことが予想されます。

カワサキ Ninja250の中古バイク・買取情報

新車でも大人気のバイクで、中古バイク市場でも高値で流通しています。中古で購入する場合は、2013年のモデルチェンジ以降がオススメです。中古も程度が良いものは新車価格に近い価格なので、新車と合わせて検討するか社外マフラー装着車などカスタム済みの中古バイクを狙うとよいでしょう。タマ数は若干少なめですが、新車販売が好調なので今後は徐々に中古のタマが増えていくでしょう。

売却を検討している方は、クォーターのスポーツバイクのブームが起きている今がチャンスです。特に2012年以前の第1世代Nija250Rの売却は、今後大きく価値が下がる可能性があるので早めに検討しましょう。

おわりに

新世代の250ccクラスのスポーツバイクは、4ストロークの単気筒や2気筒エンジンの採用が主流で、初心者向けや街乗りを意識したバイクが多いです。しかし、近年は250ccクラスにスポーツ性を求める需要が増加していて、アフターパーツも続々と投入されています。

モータースポーツの分野では、新たに高年式の250ccバイクを対象にしたJP250クラスが始まりました。今後はより一層盛り上がっていくカテゴリーになるでしょう。

Ninaj250は、最新の高剛性フレームの採用などコーナリング性能が高く、峠やサーキットのショートコースなど、どこでもアクセルを思いっきり開けて走れる手軽さが魅力です。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

KAWASAKIのバイクの特徴や買取相場
KAWASAKIのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
KAWASAKIのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ