ホンダ GROM(グロム)の特徴や買う・売る時のポイント

ホンダ GROM(グロム)は12インチのタイヤで、見た目は大柄な成人男性が乗ると小さすぎるイメージを抱く人がいます。実際に一般的な単車を乗ってきた人であれば窮屈に感じますが、慣れてしまえばそれほど苦になるポジションではありません。

逆に一度グロムの楽しさにハマってしまうと、抜け出せなくなるような中毒性があります。この辺は現在も中古でプレミア価格で取引されている通称エヌチビことNSR50に共通している部分を感じます。

2016年6月にマイナーチェンジを行い、LEDヘッドライトの採用をはじめスタイリングが変更されて、ホンダの2輪車では初のリトラクタブルキー(折りたためる鍵)が採用されました。

カスタムの要素も高く、2ストバイクとは違い街中でもストレスなく走る事ができる万能性も兼ね備えています。
グロムの外見に否定的なイメージを持っている人もいますが、小さいバイクだからこそのメリットがたくさん詰まっているバイクです。

grom

ホンダ GROM(グロム)の特徴

ホンダ GROM(グロム)のスペック表
車種名 GROM(グロム)
メーカー ホンダ(HONDA)
排気量 124cc
エンジン形式 空冷4ストローク単気筒/OHC2バルブ
燃費 国土交通省届出値62.7km
トランスミッション形式 常噛4段リターン
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
燃料供給方式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
フレーム形式 バックボーン
車両重量 104kg
乗車定員 2名
最高出力 7.2kW(9.8PS)/7,000rpm
最大トルク 11Nm(1.1kgm)/5,250rpm
新車価格   345,600円
中古車相場 23万円〜32万円
想定売却価格 8万円〜20万円

ホンダ GROM(グロム)の評価

近所の街乗り  ★★★★★
通勤・通学   ★★★★★
ツーリング   ★★☆☆☆
峠・サーキット ★★★★☆
足着き性    ★★★★★
扱いやすさ   ★★★★☆
タンデム    ★☆☆☆☆
カスタム性   ★★★★☆

ホンダ GROM(グロム)は、2013年に新発売した125ccのミニバイク風のミッション車です。歴代のバイクで言えばKSRが一番近い要素があり、ホンダのラインナップではこれまでにない位置づけになります。コンパクトと小回りを重視して12インチのホイールと倒立フォークを組み合わせて、非常に見た目をコンパクトにまとめているのが特徴です。

生産はタイホンダで全世界に向けたグローバルモデル。国外ではMSX125の車名で販売されています。原付2種のカテゴリーの範囲内でとにかく遊び心を追求したバイクです。見た目の通り住宅街でもスイスイ走れる取り回しが魅力でタイトなコーナーを軽快に曲がる事ができます。荷物の積載性は少なく買い物などには適しませんが、コンビニまでの足や通勤、通学用からレースベース車まで幅広い活用方法があります。

価格設定も一般的な原付2種スクーターにプラスアルファの値談で、新開発のスチール製モノバックボーンに前後ディスクブレーキ、ワイドタイヤなど本格的な装備が揃っているのでコストパフォーマンスも高いです。

若者をターゲットにしたデザインやコンセプトになっていますが、若い頃は峠や長距離ツーリングを楽しむなど過去にバイクにどっぷり浸かっていたけど、家族ができてバイクに乗る時間がなくなってしまったような往年のライダーが、ちょっとした足のバイクで選ぶケースも多いです。

新車値引き・カスタムに関して

新車値引きの相場は3万円前後です。格安販売業者では7~10万円ほどの値引きで店頭販売しているケースもあります。一部ではモデルチェンジ前の旧型の在庫を安く売っているケースもあります。安い新車在庫を見つけた時は、モデルチェンジ後のモデルか確認しておきましょう。

ノーマルのままでも満足できる完成度の高いバイクですが、カスタムも人気があります。125ccのミッションバイクでハイパワーを求める需要も多く、手軽にマフラーやコンピューター設定変更でパワーアップを図る人もいれば、一部のコアユーザーは4バルブ化(武川などからキットも発売されました)や5速や6速へのミッション変更などの需要もあります。このへんは、原付のモンキーやゴリラのような感覚でカスタムベース車両として楽しむ人も多いようです。
その他ミニバイクサーキットでスポーツ走行を楽しむ需要もあり、アフターパーツは今後さらに充実していくでしょう。

中古バイク・買取情報

人気・査定額 ★★★★☆
タマ数    ★★★★☆
カスタム比率 ★★★☆☆

中古のタマ数もここ数年で非常に増えました。若者をターゲットにしていて、初心者が車を買うまでのつなぎで買う需要や、すぐにもっと大きいバイクを欲しくなり手放す人も多いバイクです。現在でも発売初期に購入したワンオーナーモデルが出回ってきています。

しかし中古価格も割高で、2016年にマイナーチェンジをした事を考えると、購入費用が数万円の差額の場合、格安業者で現行の新車購入がオススメです。中古市場でもカスタム済みのバイクが高く評価されていて、初期モデルでもカスタムが充実していると、中古販売価格が新車以上の値段が付くケースもあります。

今後も中古相場は高値水準を維持する事が予想されるので、リセールバリューも期待できます。モデルチェンジもあり、今後もタマ数が増える見込みなので、早めの売却の方が有利になる可能性が高いでしょう。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

HONDAのバイクの特徴や買取相場
HONDAのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
HONDAのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ