ホンダ CB650Fの特徴や買う・売る時のポイント

CB650Fの街乗りも重視したコンセプトを考えれば、姉妹車種のCBR650Fよりもオススメ度が高いです。他のCBシリーズにはない魅力を存分に発揮しています。

また、姉妹車でもあるCBR650Fもお勧めできます。近年ではスポーツバイクにバーハンドルとハーフカウルなどを合わせたストリートファイター仕様が流行になっています。こうした背景もあり、フルカウルセパハンのバイクはピュアスポーツか、ロングツアラーのどちらかという極端な住み分けになっていました。

CBR650FはCBR600RRとは全く違うエンジンを採用していて、乗りやすさを重視しています。その結果セパハンながら乗ってみれば思った程ポジションもキツくないのが特徴。手軽にフルカウルのレプリカバイクを乗りたい人や、レプリカに乗りたいけど、本気でコーナーを攻めたりはしない。という人にもオススメのバイク。

ライバルメーカーも含めて、こうしたコンセプトのバイクは近年なかったので貴重なラインナップだと評価します。

cbr650f

ホンダ CB650Fの特徴

車種名 CB650F
メーカー ホンダ(HONDA)
排気量 648cc
エンジン形式 水冷4ストローク直列4気筒/DOHC4バルブ
燃費 国土交通省届出値31.5km
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
燃料供給方式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
フレーム形式 ダイヤモンド(アルミツインチューブ)
車両重量 208kg
乗車定員 2名
最高出力 61kW(83PS)/9,500rpm
最大トルク 63Nm(6.4kgm)/8,000rpm
新車価格   923,400円〜
中古車相場 55万円~75万円
想定売却価格 35万円~52万円

ホンダ CB650Fの評価

近所の街乗り  ★★★☆☆
通勤・通学   ★★★★☆
ツーリング   ★★★★☆
峠・サーキット ★★★★☆
足着き性    ★★★☆☆
扱いやすさ   ★★★★☆
タンデム    ★★★☆☆
カスタム性   ★★★☆☆

CBといえばホンダの代名詞のシリーズです。水冷の直列4気筒エンジンで抜群の安定韓を誇るCBはCB400SF、CB1300SF、最近登場したCB1100など全てのシリーズで安定した人気を誇っています。

往年の名所として知られたロングセラー車種のCB750が一般ユーザー向けの仕様が排ガス規制の兼ね合いもあり2008年に生産終了。CBのシリーズとしては、400ccとリッターバイクの間を埋めるミドルクラスが穴があいていた状態でした。

この穴を埋めるべき登場したのが2014年発売のCB650Fです。姉妹車としてエンジン、フレームを共有したCBR650Fも用意されています。ラインナップやスタイリングを見るとスタンダートなネイキッドではなく、スポーツネイキッドのストリートファイター仕様になっています。

ホンダは600ccクラスではCBR600RRのスーパースポーツを用意しています。この兼ね合いもありCB650Fシリーズはパワーを求めるのではなく、「扱いやすく」「乗りやすく」「かっこいい」をコンセプトに加賀けた新開発の650ccエンジンを搭載している事が特徴です。

400ccよりもパワーにゆとりがあり、リッターバイクよりも軽くて扱いやすいバイクです。街乗りから通勤通学まで気軽に使える大型バイクのネイキッド。フレーム剛性はしっかりしていて車体も軽いので、峠にいってもワインディングを楽しめて戦闘力も高く、ゆったりとしたクッションにバーハンドルでポジションも楽なので長距離ツーリングもいけるオールマイティな1台です。

新車値引き・カスタムに関して

新車値引きの相場は5万円~10万円です。店頭販売の在庫であれば、15万円前後の値引きで売られているケースもあります。

カスタム需要が高いネイキッドですが、ノーマル状態でもスポーティーで先進性がありスタイリングの完成度が高い1台です。特に純正のショートマフラーはデザイン性を高く評価できます。フェンダーレスキットや、クリアウインカーなどの社外品で、スタイリッシュにカスタムしていく事がオススメです。

中古バイク・買取情報

人気・査定額 ★★★★☆
タマ数    ★☆☆☆☆
カスタム比率 ★☆☆☆☆

発売して3年が経過しましたが、中古はほとんど流通していません。もう少し待てば初回車検の売却分が出てきて、いくらかは程度の良いワンオーナー車が流通していく事が予想されます。

ミドルサイズのCBシリーズですが、CB750とは方向性が違うスポーツネイキッドで、姉妹車のCBR650Fも含めて買取価格は高値を維持していく事が予想されます。高年式・低走行の極上車を狙うのであれば、値引きの大きい在庫販売している新車を探した方がよいでしょう。

水冷4発エンジンの新開発の最新エンジンを搭載している事や、扱いやすさを重視する時代の流れを考えれば、当面は安定した人気を維持できるバイクになるでしょう。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

HONDAのバイクの特徴や買取相場
HONDAのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
HONDAのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ