ホンダ CB1300SF/SBの特徴と買う・売る時のポイント

CB1300SFの人気の理由は、ライバルを上回る扱いやすさです。車両重量も重くて足着き性もあまり良いバイクではありません。展示車両にまたがってみると扱いにくそうと感じる人もいるかと思いますが、実際に走り出してしまうと、大型ボディーとは思えないくらい素直に扱えるバイクです。

重量があるボディーですので高速走行の安定感も高く峠やサーキットでも高い戦闘力を発揮できます。400SFと同様に故障の少なさも定評があり、ちゃんとオイル交換さえしていれば10万kmくらい余裕で走れてしまうタフさがあります。

最大のライバルであった「ZRX1200DAEG」は撤退しましたが、リッタークラスの王道ネイキッドバイクは、中古市場では高い人気を誇っている競争の激しいカテゴリーです。
その中でも人気が高く、総合評価でもライバルを一歩リードしている人気車種です。

CB1300SF/SB相場情報・中古販売価格の推移

ブルさん
2018年10月時点では、CB1300SF/SBを中古で買おうとすると、15〜200万円ほど必要です。しかし、年式や同じ年式でも状態等によって価格が大きく異なるようです。年式の違いなどは下記表をご参考ください。

ブルさん
2018年10月時点では、CB1300SF/SBを売ろうとすると、20〜100万円ほどになりそうです。2010年以降の年式のものは価格が高い傾向にあります。年式の違いなどは下記表をご参考ください。

14年ぶりの大規模モデルチェンジで大幅パワーアップ!!

CB1300SuperFour(SF)とSuperBolDorは、先代のCB1000SFから続く超ロングセラー車種です。ライバルのXJR1300、ZRX1200DAEG、GSX1400などライバルがフェードアウトする中、ホンダのCB1300シリーズだけは安定した新車販売を続けています。

他社が撤退をしているカテゴリーではありますが、2017年10月20日に大幅なアップデートを行うマイナーチェンジを行いました。2003年に2代目のSC54型が発売されて以降、初めての大規模なマイナーチェンジとなり、排ガス規制に適合させつつも馬力をアップさせて、より魅力的な車種にパワーアップしました。

2017年モデルチェンジの主な変更点

・給排気系の変更で最高出力アップ&平成28年度排出ガス規制に適合(101PS→110PS)
・アシストスリッパークラッチの装着
・LEDヘッドライトを新採用
・ウインカー小型バータイプLED化
・4-2-1の新作マフラーへ改良、SF/SB共通にすることで純正パニアケースをSFでも装着可能に改良
・ETC全車標準装備
・5段階の温度調整ができるスポーツグリップヒーターを全車標準装備
・シートを外さなくても利用できるヘルメットホルダーを追加
・アクセサリーソケットをシート下に設置


(写真はCB1300SB、純正パニアケース装着車)

外観に大きな変更はなく伝統のデザインを継承しています。見た目には分かりにくいですが、LEDヘッドライトを採用し灯火類がパワーアップしています。ETCやグリップヒーターを標準装備して、さらにお買い得なパッケージングになりました。

最新のスポーツバイクに比べると排気量に対して110PSのパワーは物足りなく見えるかもしれないですが、伝統の直列4気筒DOHCエンジンはバイクらしいフィーリングがあり、排ガス規制に適合させつつ出力を高めた点を評価できます。リセールバリューを考えても新車購入する価値が高まりました。

ホンダ CB1300SFの特徴

車種名 CB1300SF (スーパーフォア)
メーカー HONDA (ホンダ)
排気量 1,284cc
エンジン形式 水冷4ストローク直列4気筒 / DOHC4バルブ
燃費 国土交通省届出値26.8km
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
燃料供給方式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
フレーム形式 ダブルクレードル
車両重量 268kg
乗車定員 2名
最高出力 81kW(110PS)/7,250rpm
最大トルク 118Nm(12.0kgm)/5,500rpm
新車価格 1,261,400円〜
中古車相場 35万円〜100万円
想定売却価格 15万円~70万円

ホンダ CB1300SFの評価

ホンダ CB1300SFはホンダを代表するCBシリーズのフラッグシップモデルです。400ccで定番ネイキッドのスーパーフォアの1300ccモデルになります。

初代は1998年にCB1000SFの後継車種として発売されました。2003年にフルモデルチェンジを行い、2018年モデルの大幅アップデートでもキープコンセプトを貫き、現在も2代目モデルが現行モデルとして新車販売されているロングセラー車種です。

派生車種として、2005年のマイナーチェンジ時に投入されたハーフカウルの「CB1300スーパーボルドール」と、2009年にスーパーボルドールをベースに改良された「スーパーツーリング」があります。なおスーパーツーリングは2014年モデルで生産終了になり、現行では「スーパーフォア」と「スーパーボルドール」の2車種がラインナップされています。

大型バイクのネイキッドの中でも、王道の路線を進んだ人気モデルで、水冷4気筒DOHCエンジンにダブルクレードルフレームなど、昔ながらのバイクらしさが強く残っていますが、迫力のある外観で新しさも感じられる完成度の高いバイクです。
2017年のモデルチェンジでは出力と装備が改善されて、より魅力的なパッケージになりました。

ホンダ CB1300SFの新車値引き・カスタム

新車値引きに関しては相場は10万円前後です。小さなバイク屋さんやホンダドリーム、レッドバロンなどのチェーン店も、初期見積もりは足並みを揃えて、おおよそ10万円の値引きを提示しているそうです。用品値引きなどを含めて、目標は15万円程に設定しておくと良いでしょう。

しかし人気車種ですので、値引き交渉には応じてもらえないケースも多いです。格安販売業者を探せば20万円前後の値引きをしているケースもあるようです。2017年10月にモデルチェンジをしたばかりなので、型落ちモデルであれば20万円以上の大幅値引きをされることも増えています。

しかし、パワーアップや装備追加などモデルチェンジの内容が良いので、多少高くても新型を狙った方が良いでしょう。売る時のリセールバリューで見れば購入時の値引き額の差以上に価値が変わってくる可能性があります。

カスタムに関しては、CB1000SF時代に比べて需要が少なくノーマルで乗る人が増えてきました。ネイキッドのスーパーフォアの場合は、マフラーやサイドカウル、フロントフェンダーなどの外観のカスタムが人気があります。

ホンダ CB1300SFの中古バイク・買取情報

新車価格が高く、CBのフラッグシップモデルだけあって、高年式の中古バイクは人気が非常に高いです。デビュー以来安定した販売台数を確保してきた車種ですので、10年以上型落ちのタマが充実しています。古い年式の中古も、耐久性の高さが再び評価されて、近年は中古相場が上昇してきています。

最新スポーツバイクに比べるとスペックは物足りなく、割高に感じるかもしれないですが、バイクらしいフィーリングがあり、旧車のようなプレミアムも発生しつつある希少な現行車種です。特に高年式のバイクはライバル不在になったことで中古市場での需要が拡大しています。大切に乗れば価値が下がらないので、長く乗り続けることもオススメしたい鉄板車種です。

初代モデルなど低年式モデルでも、中古相場が再び上昇してきているので、今は良い売り時だと言えます。排気量が大きい分、部品代が高価になるので、乗る時間がなく状態を維持できないのであれば、早めに売却するとよいでしょう。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

HONDAのバイクの特徴や買取相場
HONDAのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
HONDAのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ