HARLEY-DAVIDSONのバイクの特徴や買取相場

tyosha_small
HARLEY-DAVIDSON(ハーレーダビッドソン)は、アメリカのバイクメーカーで、豪快なエンジンフィーリングが特徴のアメリカンバイク専門ブランドです。
日本国内でも高級バイクの定番としてブランドイメージが定着しています。

革ジャンを着てHARLEY-DAVIDSONの集団でツーリングしている姿を見て、「カッコイイ」と憧れを抱いている人も多いでしょう。

ここではHARLEY-DAVIDSONについて、特徴や維持費、中古の市場価値などを含めて詳しく調べてきました。

HARLEY-DAVIDSONのバイクの特徴

HARLEY-DAVIDSONは高級ブランドのイメージが定着しているアメリカンバイクです。
国産車のアメリカンタイプと比較しても、HARLEY-DAVIDSONは本場のバイクらしく、重厚感はワンランク上をいっているようです。

エンジンのスペックではなく、フィーリングを重視したバイクという観点では、間違いなく世界一のバイクでしょう

キャブ車からインジェクションに変わった当時は、キャブ車を求める駆け込み需要が多かったですが、インジェクション車の性能やフィーリングが高く往年のベテランライダーも納得させる仕上がりになっています。

私はHARLEY-DAVIDSONの販売店の試乗会で乗った経験がある程度で、アメリカンバイクを所有した経験はありませんが、人生で一度は乗ってみたい憧れのブランドです

高価ですが、大事に乗れば価値が下がらないので、新車・中古ともに割高感は少ないです。
ただし、HARLEY-DAVIDSONを所有するなら、ガレージなど、屋内で安心して保管できる環境を求めてしまう事や、メンテナンス費用を考えるとランニングコストが高く敷居の高いバイクだと感じています

HARLEY-DAVIDSONの特徴は、空冷OHVのVツインエンジンによる鼓動感が高いエンジンフィーリングと迫力満点のスタイリングが特徴です。

アメリカンスタイルなので、コーナーをバンクさせて駆け抜けるバイクではなく、エンジンフィーリングを感じながら景色を見ながら楽しく走るバイクです
外観重視のカスタムも人気で、メーカーがカスタムベースに最適になるような造りにした新車も用意されています。

新車・中古車価格ともに高額で、修理費用も高いですが、国内にディーラーや専門整備ショップの拠点も充実していて、古いバイクを長くメンテナンスしながら乗り続ける事が可能です。
古いバイクにも独特の味やそれぞれの思い出が詰まっているため、今乗っている愛車を生涯乗り続けようとしているオーナーが多いです。

年式や車種を問わず、大事に乗り続ければリセールバリューが高く、メーカーのブランド力が強いため、不人気車種が少ないです。

鼓動感を重視して、エンジンのレスポンス自体はそれほど高くなく、国産メーカーのアメリカンより車両重量が重いので、大型自動二輪免許取得したばかりの初心者はライトウェイトモデルを選ぶとよいでしょう。

新車の売れ筋バイク

1位 XL883R
2位 XL1200X フォーティーエイト
3位 FLSS ソフテイル スリムS
4位 ソフテイル FXSB ブレイクアウト

手頃に買えるXL883Rや、ハーレーのモデルの中でも安定した人気を誇るフォーティーエイトは毎年新車の売れ筋ランキング上位の常連です。
2016年はソフテイルシリーズの排気量がボアアップされた事で、販売台数が増加しました。

2017年には新型大排気量エンジンの投入が予定されていて、売れ筋車種にも多少の変化があるでしょう。
HARLEY-DAVIDSONの新車であれば、評価が低い不人気車種はないので、売れ筋やランキングにとらわれず、自分が惚れ込んだ車種を選ぶとよいでしょう。

HARLEY-DAVIDSONの中古買取相場と中古市場動向

車種名買取相場(目安)平均
XL1200X フォーティーエイト50万円〜90万円70
FXDL LOW RIDER30万円〜100万円65
XL883S25万円〜40万円32.5
CVO SOFTAIL DELUXE60万円〜145万円102.5
SUPERLOW30万円〜45万円37.5
TRIGLIDE ULTRANANA
CVO STREET GLIDENANA
CVO LIMITEDNANA
CVO ROAD GLIDE ULTRANANA
V-ROD MUSCLENANA
NIGHT ROD SPECIALNANA
SUPERLOW 1200TNANA
XL1200C 200 CUSTOMNANA
XL1200W SEVENTY-TWONANA
FLD SWITCH BACKNANA
FXDWG WIDE GLIDENANA
FXDF FAT BOBNANA
FXDBB STREET BOB LIMITEDNANA
FLSTC HERITAGE SOFTAIL CLASSICNANA
XL883RNANA
FLSTN SOFTAIL DELUXENANA
FLSTF FAT BOYNANA
FLS SOFTAIL SLIMNANA
FXSB BREAKOUTNANA
FLHRC ROAD KING CLASSICNANA
FLHXS STREET GLIDE SPECIALNANA
FLHTCUTC ELECTRA GLIDE ULTRA CLASSICNANA
FLHTKTC ULTRA LIMITEDNANA
FLTRXS ROAD GLIDE SPECIALNANA
STREET 750NANA

HARLEY-DAVIDSONは中古市場でも人気が高く、車種を問わず高値で流通しています。新車・中古ともに購入費用が高くても、大事に乗ればリセールバリューが高いです

HARLEY-DAVIDSONの魅力は、重厚感のあるエンジンフィーリングです。エンジンの鼓動はキャブレターモデルの方がダイレクトに伝えられるメリットがありますが、排ガス規制の影響により現行モデルは全てインジェクション化されました。

長年HARLEY-DAVIDSONを乗り継いでいるコアユーザーはキャブ車を好む傾向が強く、高年式のインジェクション車は故障が少なく初心者でも安心して乗れます。
つまり、中古市場ではキャブ車・インジェクション車ともに需要が高いです。

古いモデルでも、正規店で定期的な整備をしっかり行っていれば、中古バイクとしての価値は高水準を維持できます。

高く売れるバイク

1位:FLHTKウルトラリミテッド
2位:XL1200X フォーティーエイト
3位:XL1200R
4位:FLSTC

中古市場では、排気量が大きく新車価格が高価な車種が高値で売れやすいです。新車の販売台数が少ない車種でも、中古のタマ数が少なければ高値が付きやすいです。

HARLEY-DAVIDSONは、70年代や80年代のバイクなど、旧車がプレミア価格で取引される事もあります。旧車が高いのは国産バイクと同じく、性能よりもフィーリングを重視する旧車愛好家が多いからです。

ハーレーの人気モデルの883シリーズは、タマ数が多く新車価格がリーズナブルな事から、他の車種に比べて値落ち幅が大きいです。

メーカーとしてのブランド力はトップクラスで、どの車種でも状態さえ良ければ高額売却が期待できます。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

HARLEY-DAVIDSONのバイクの特徴や買取相場
HARLEY-DAVIDSONのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
HARLEY-DAVIDSONのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介
サブコンテンツ

ページの先頭へ