DUCATI Panigale 1199Sの特徴と買う・売る時のポイント

パニガーレ1199SはLツインエンジンなどドゥカティらしさを出しながら、玄人もうならせるドゥカティの傑作バイクです

標準グレードのパニガーレ1199は、車両価格がパニガーレ1199Sより50万円安い209万円です。Sに付いているオーリンズ製の電子制御サスペンションやLEDヘッドライトなどは、軽く見積もりしても50万円以上の価値があると評価できます。

中古市場では、標準とSの価格差がさらに縮まっているので、多少購入費用が高くても、1199Sを探してみる価値があります。中古ではフルパワー化された状態のものも多く、購入後はほとんど手を加える必要はありません。

メンテナンスや部品交換で費用が高い外車ならではのデメリットがありますが、パッケージングと価格帯でコストパフォーマンスが高いと評価できます

DUCATI Panigale 1199Sの特徴

車種名 パニガーレ1199S
メーカー DUCATI
排気量 1,198cc
エンジン形式 スーパークアドロ L型2気筒 4バルブ デスモドロミック 水冷
燃費
トランスミッション形式 6速 DQS(Ducati Quick Shift up/down)
クラッチ形式 湿式多板 油圧式 スリッパークラッチ機構、セルフサーボ機構付
燃料供給方式 インジェクター、楕円形スロットルボディ、フルライドバイワイヤシステム
フレーム形式 アルミニウム製モノコックフレーム
車両重量 188kg(装備重量)
乗車定員 2名
最高出力 99kW(135HP)/8,000rpm(日本仕様)
最大トルク 109Nm(11.1kgm)/8,000rpm(日本仕様)
新車価格 2,590,000円〜
中古車相場 190万円〜200万円
想定売却価格 130万円〜175万円

DUCATI Panigale 1199Sの評価

近所の街乗り  ★★☆☆☆
通勤・通学   ★☆☆☆☆
ツーリング   ★★★☆☆
峠・サーキット ★★★★★
足着き性    ★★☆☆☆
扱いやすさ   ★★★☆☆
タンデム    ★★☆☆☆
カスタム性   ★★★☆☆

パニガーレは2012年に発売されたドゥカティのスーパーバイクシリーズです。パニガーレの名称はドゥカティの本社所在地が由来になっています。新設計のスーパークアドロエンジンとアルミ製モノコックフレームを搭載しました。(スーパークアドロエンジンとは、ボア・ストローク比を極端なオーバースクエアエンジンのことで、オーバースクエアエンジンとは、ストロークがボアに対して短く低回転のトルクを犠牲にした高回転型エンジンのことです。)

ドクカティのスーパークアドロエンジンはバルブを強制開閉させるデスモドロミックを併せることで、オーバースクエアエンジンの弱点でもある低速回転時のトルク不足を補いました。
それまで2気筒エンジンは、4気筒のスーパースポーツバイクに性能で劣っていましたが、新開発のスーパークアドロエンジン搭載のパニガーレ1199Sは本国仕様で195HPを確保してライバルと同等以上のハイパワーを確保しました。

パニガーレ1199Sは上級グレードで、標準のパニガーレ1199と比べて、前後電子式サスペンション(オーリンズ製)、フルLEDヘッドライト、マルケジーニ製鍛造アルミホイール、エアロキットを装備しています。エアロキットは時速300km以上で高い効果を発揮します。フルLEDヘッドライトを採用するなど、公道とサーキットの双方で高い安全性を発揮できます

2015年より、排気量を拡大したパニガーレ1299Sにモデルチェンジしています。パニガーレ1299Sはエンジンのボアを拡大し、外装の変更などもありますが、車両価格が約300万円に値上がりしています。電子制御の装備などトータル的に見ると、パニガーレ1199Sの方がコストパフォーマンスが高いと評価できます

DUCATI Panigale 1199Sの新車値引き・カスタムに関して

パニガーレ1199Sは新車販売されていた当時、5〜10万円ほどの値引き販売をされた事例がありました。正規販売店以外では展示車や試乗車を定価より20万円以上販売されていたケースもあります。ドゥカティの中では、比較的値引きに積極的な車種だったと言えます。パニガーレの値引きの傾向は現行の1299シリーズにも引き継がれています。

カスタムに関しては、フルパワー化を目的にしたマフラー交換や、スクリーン交換などが定番です。パニガーレ1199Sは完成度が高く、カスタムする余地は少ないです。

DUCATI Panigale 1199Sの中古バイク・買取情報

人気・査定額 ★★★★★
タマ数    ★☆☆☆☆
カスタム比率 ★★☆☆☆

発売から5年が経過しましたが、中古のタマ数は非常に少ないです。新型の1299Sの方がタマは豊富で、売れ行きが悪いのではなく、1199Sは手放すオーナーが少ない事も考えられます。

パニガーレ1199Sはスーパーバイク選手権のレギュレーション(2気筒は1200cc以下)に適合している事も、レギュレーションから外れた1299Sより高く中古市場で評価される要因です。近い将来、大きく中古市場で値崩れを起こす事は考えにくいですが、売却を検討している方は早めに検討すれば高額査定が期待できるでしょう

購入を検討している方は、タマ数自体が少ないので、近くで中古の在庫を見つけたら、多少高いと感じても購入する価値があります。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ
バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。
『バイク王』の公式ホームページはこちら
一括査定でじっくり売り先を探す
手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。
『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

DUCATIのバイクの特徴や買取相場
DUCATIのバイクの特徴や買取相場を、車種別に多数紹介しています。
DUCATIのバイクの特徴や買取相場
バイクの最新ニュース
バイクの試乗会参加レポート、新型モデル情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの新型情報ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ