バイクの売却時期・タイミングは早いほうがよい

バイクの売却価格は季節や時期の影響を受けます。
いつバイクを売ればお得なのでしょうか?

ここでは、バイクの売却時期と買取価格の関係をまとめました。

バイクが高く売れる季節

バイクの売却相場と季節の関係は「気候」と「需要」の2つ影響を受けます。

春〜秋にかけてバイクシーズンと呼ばれていて、気持ちよく風を感じて走れます。冬は、寒さが課題になりバイクに乗る快適性と、路面凍結や積雪による安全面の問題が出てきます。

そのため、バイクは冬よりも夏の方が高く売れます。冬が終わって春が近づくとバイクの相場が緩やかに上昇し、夏の終わりからシーズンの終わりが近づく事が意識され相場が下がっていきます。

一方需要は、新生活が始まる3、4月や、ボーナス商戦の6・7月と12月に高くなり、バイクの中古相場も上昇します。

季節との関連性も踏まえると、3月〜7月がバイクが高く売れる時期と言えます。

車検と自賠責保険が満了となる時期

車検と自賠責保険の残存期間も査定価格に影響します
また、売却する業者によっては、査定価格とは別途に自賠責保険の解約手続きを行い返戻金をくれるところもあります。

つまり、車検や自賠責保険は残存期間が長いほど、売る時に有利になるのです。

そのため、現在公道を走れる状態のバイクは、少しでも早く売却した方が高く売れる見込みが高くなります

バイクの売却時期は早いほど有利
バイクの売却価格は季節の影響を受けます。しかし冬など相場が安い時期だからといって、売却時期を安易に後倒しにするのが良いとも言えません。
それは、バイクの買取査定額は次の要素で決まるからです。
  • 新車登録からの経過年月
  • 走行距離
  • 新型車やライバル車種との性能差
  • 車検、自賠責保険の残存期間
  • 錆や塗装の色あせなど、外装の状態
  • エンジン、足回り、ブレーキの走行機関の状態

そのため、バイクの売却時期を遅らせると、不利になる事がかえって多いのです。

特に高年式、低走行のバイクに乗っている方や、状態を維持できる保管環境が無い方は、1日でも早く売却に向けて動くとよいでしょう。

こちらの記事もあわせてどうぞ

バイクの売却時期・タイミングは早いほうがよい
バイクを売る時には高く売れるタイミングがあります。ケースごとに紹介しています。
「バイクの売却時期・タイミングは早いほうがよい」はこちらから
バイクを高く売る5つのコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを高く売る5つのコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介
サブコンテンツ

ページの先頭へ