原付の高価買取を行うために注意すること



「原付バイクを所有しているけど、ほとんど乗る機会がない」

このような方は原付バイクを売却を検討してみてはいかがでしょうか?
なかには、エンジンがかからず長年放置している方もいるでしょう。

当サイトでは、原付バイクを売る方法と、高く売るためのコツを紹介してます。

原付を売る

原付バイクを売る時は、普通のバイク(125cc超え)とは違うポイントがあります。
原付バイクの特性を理解して、損をしないようにしましょう。

原付は名義変更手順が違う

原付の各種手続きは、市区町村の役場で行います。名義変更する時は、一度旧所有者の登録している役所に廃車届をしてから、新所有者の居住地域の役所で登録する必要があります。

つまり、全国どこの陸運局でも手続きができる125cc超えのバイクよりも名義変更の手間が大きいのです

地元の業者や、頻繁にその地域を回っている業者であれば問題ありませんが、遠方から来た業者の場合は名義変更の手間を理由に査定を減額する場合があります。

また、夜間や休日の受け渡しよりも、引渡し後にそのまま役所に行って手続きができる平日日中の時間を指定される事もあります。

原付は1台あたりの利益が少ない

原付は、新車価格が安い事や再販のための整備コストを考慮すると、業者の1台あたりの利益は低いです。

買取したバイクを業者用オークションに売却したり、自社で整備工場を完備していない業者は中間マージンが発生し、買取査定で値段をほとんど付けられなくなります。

利益が少ない原付だからこそ、直販や部品売りのネットワークがある所や、整備に強い業者を厳選して選ぶ重要性が高いです

原付を高く売るには

原付は名義変更のルールや、利益単価が少ない特性から、買取台数が豊富でフットワークよく動ける買取専門業者に売った方が高値が付きます

販売店や整備ショップでは、原付は無料引き取りが基準に定めている所もあります。
買取専門店は業者によって、整備して中古バイクとして再販したり、廃車してパーツ売りや海外輸出をするなど、買取した原付バイクの処理方法が異なります。

なるべく、複数の買取専門業者を比較して売却先を決めましょう

また、普通自動車の免許で運転できる原付バイクは、個人売買での売却需要が高いです。しかし個人売買は、業者査定より高く売れる事もありますが、仲の良い知人だからこそ無料や格安取引を要求される事もあり、価格設定が難しいです。

さらに古い原付は故障リスクも高い事や、安い原付をネットで買おうとする方の一部には約束を守らない人もいるので、トラブルに発展する事が多いようです

<原付買取の詳細はこちらの記事をご覧ください>
高く売れる原付バイクの条件
原付の下取りの注意点
中古原付バイクの買取相場
動かない原付でも買取可能?
原付を買取業者に売った場合の自賠責保険

どの買取業者に売るかお悩みの方へ



どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。
みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。

「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

バイクを売るコツについてもっと知りたい方へ



カスタムバイク、事故車・不動車、走行距離が多いバイク、原付、ローンが残っているバイクなど、売却したいバイクの種類ごとの「バイクを売るコツ」を紹介しています。

「どのバイクを売る?」はこちらから



バイクの車種や種類ごとの売却相場などを紹介しています。売却したいバイクがいくらくらいで売れそうなのか、参考にしてみましょう。

「いくらでバイクを売る?」はこちらから



バイクを売る時には高く売れるタイミングがあります。ケースごとに紹介しています。

「いつバイクを売る?」はこちらから



バイクは買取業者以外にも、バイクショップ、オークションなどで売ることができます。それぞれのメリット・デメリットを知って自分に合う方法を探してみましょう。

「どこでバイクを売る?」はこちらから



バイクを売るときの手続きや必要書類などについて紹介しています。売却前にチェックしてください。

「どうやってバイクを売る?」はこちらから
サブコンテンツ

ページの先頭へ