バイクの下取と買取の違いを解説



バイクを代替えする場合や、新車や中古バイクを問わずバイクショップで購入する場合、それまで乗っていたバイクの処分方法としては、次の2つの選択肢があります。

  • 購入するバイクショップに下取りに出す
  • 買取専門業者等に買取してもらう
下取りと買取の違いやメリット・デメリットをしっかり理解して、代替えバイクの処分方法を検討しましょう。

バイクの下取りの特徴やメリット・デメリット

下取りとは、新しいバイクを購入する販売店に査定価格を付けてもらい、引き取ってもらう事を言います。
koredaM

下取りの際には、バイク販売店が丁寧に面倒を見てくれますので、印鑑などさえあれば簡単に手続きすることができます。

●詳細は→バイクを下取りに出す時に必要な書類

お金の動きが少ない
下取りに出す一番のメリットは、バイクの代替えに伴うお金の動きが少なくなる事にあります

購入するバイクの総額が50万円で下取り価格が20万円の査定が出た場合、購入代金から下取り価格を差し引いた30万円をバイクショップに支払う事で、バイクの買い替えを行う事ができます。

納車日まで古いバイクを乗る事ができる。
また、下取りに出すメリットとして、それまで乗っていた古いバイクを引き渡す日を新しいバイクの納車日と合わせる事ができて、下取り車と納車されるバイクを交換するといった流れで、バイクの代替えをする事ができます。

バイクを新しく購入・契約した場合、新車であれば納期に時間がかかることがあり、中古バイクの場合でも、整備や名義変更で1週間~2週間前後を目安に納車まで時間がかかります。
通勤・通学など日常的な足としてバイクを使用している場合などは、バイクが無くなる期間がないのがメリットになります。

新しいバイクの納車をバイクショップに取りに行く場合は、下取り車に乗って行けばよいのでバイクショップまでの交通手段に困る事もありません。もし、代替えするバイクの車検有効期限がある等の先に古いバイクを引き取ってもらいたい場合は当然対応してもらえます。

●詳細は→下取りが決まったバイクの走行距離はどこまで増えていい?

下取り価格は安いってホント?
下取りと買取を比較した場合に、全体的な平均査定相場で見れば買取専門業者に買取してもらった方が高額査定が付く可能性が高い傾向があります。

ですが、必ずしも下取り査定の方が買取査定よりも安いとは限りません。バイクは新車・中古車問わず、車のような大きな値引き交渉する事が難しいのですが、下取りバイクがあれば、購入するバイクの値引きも兼ねて査定を頑張ってもらえるケースもあります。

バイクショップでバイクを購入する場合は、必ず一度は下取り査定をしてもらうようにしましょう。

そして、もし買取業者の査定の方が高い場合は、ダメ元で買取査定価格を伝えて交渉の余地がないか確認するとよいでしょう。もし下取りと買取で大きな金額の違いがないのであれば、下取りの方が手間が楽などのメリットがあります。

●詳細は→バイク下取り価格相場の決まり方

ローン残債を相殺してもらえるケースもある
全てのバイクショップで対応はしていませんが、下取りバイクにローン残債がある場合、下取り価格とローン残債を相殺して計算してもらう事ができます。

例えば、下取り価格が20万円でローン残債が10万円の場合は、下取り価格を10万円の評価額でローン残債をチャラにする事ができます

下取り価格よりも、ローン残債の方が高い場合は、差額分を支払うのみでローン残債を処理できます。

査定後、購入前に事故・転倒してしまったら
下取りの場合、査定した日から納車日の引渡し日まで時間があく場合があります。この期間内に事故や転倒してバイクを損傷してしまった場合、当然下取り価格は減額されます

しかし、買取の事故・点灯車減額に比べて、下取り契約後の損傷の場合、バイクショップは自社で修理できるノウハウを持っていますので、通常の減額査定の値段よりかは融通を利かせてもらえる可能性があります。

バイクの買取の特徴やメリット・デメリット

買取とは、購入したバイクショップとは別に、買取業者や他のバイクショップにバイクを買い取ってもらう事です。
0-64

お金の動きは多くなるが、業者を自由に選択可
買取してもらう場合、買取査定額を現金や振込で全額支払ってもらい、その前後に購入するバイクの代金を全額支払う必要があります。

下取りに比べて、お金の動きが大きくなりますが、業者を自由に選択できる利点もあります。

買取査定は下取りより高いってホント?
全てのケースではありませんが、全体的に見て、バイクショップの下取り査定よりも高額査定が付く可能性が高く、中にはその値段の差額が数十万単位になる事もあります。

下取りに比べて手間がかかる面はありますが、かける手間に見合う以上の対価を得られる可能性が充分にあります。高額査定が付く可能性が大きいのが、買取査定の一番のメリットです

買取業者の選び方
買取の場合は、下取りと違って、業者を選ぶ事ができます。近年バイクの買取業者は非常に多く、ネット検索などをすればさまざまな買取業者が出てきます。買取専門業者でなくても、購入するバイクショップとは別のバイクショップに買取をしてもらう事もできます。

買取であれば、必ず高額査定が付くという訳ではなくて、業者次第でその査定額は大きく変動します。大手が強い・個人店が強いなどの傾向もあまりなく、それぞれの業者に得意・不得意・タイミングの要素などがありますので、可能であれば複数の買取業者にアイミツを取る事をオススメします。

ローン残債はどうなるの?
買取業者にもよりますが、大手の場合は下取り車と同様に査定額と残債を相殺してもらえるケースもあります。業者によっては、一度ローン残債を一括返済してからでないと買い取ってもらえないケースもあるので事前に確認するようにしましょう。

この記事を3行でまとめると


  • 買い替えなら、下取りは「取引」がシンプル
  • 買取は下取りより「高く売れる」可能性が高い
  • 下取りをする場合でも、買取査定は行って、下取り交渉すると高く売れる

どの買取業者に売るかお悩みの方へ



どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。
みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。

「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

バイクを売るコツについてもっと知りたい方へ



カスタムバイク、事故車・不動車、走行距離が多いバイク、原付、ローンが残っているバイクなど、売却したいバイクの種類ごとの「バイクを売るコツ」を紹介しています。

「どのバイクを売る?」はこちらから



バイクの車種や種類ごとの売却相場などを紹介しています。売却したいバイクがいくらくらいで売れそうなのか、参考にしてみましょう。

「いくらでバイクを売る?」はこちらから



バイクを売る時には高く売れるタイミングがあります。ケースごとに紹介しています。

「いつバイクを売る?」はこちらから



バイクは買取業者以外にも、バイクショップ、オークションなどで売ることができます。それぞれのメリット・デメリットを知って自分に合う方法を探してみましょう。

「どこでバイクを売る?」はこちらから



バイクを売るときの手続きや必要書類などについて紹介しています。売却前にチェックしてください。

「どうやってバイクを売る?」はこちらから
サブコンテンツ

ページの先頭へ