SR400が排ガス規制をクリアして2018年11月に再発売


出典:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

ヤマハ発動機は2018年9月14日、排ガス規制の影響で昨年生産終了になったSR400を、2018年11月22日に再発売することを発表しました。

新型SR400は既存の空冷エンジンをそのまま使用し、O2フィードバック制御のFI(フューエルインジェクション)と、蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスターの採用によって、「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合させました。

軽微な変更で排ガス規制をクリアできたので、価格は先代モデルに比べて約2万円高に抑えています。カラーリングはブラックとブルーのオーソドックスでありながら、従来モデルとは若干異なる2色の新色を用意。

低音と歯切れの良さを向上した新タイプのマフラーや「since1978」と印字したサイドカバーなど細部の変更を行っています。

従来からのSR400の特徴は、コチラのページをご覧ください。
ヤマハ SR400の特徴と買う・売る時のポイント

40周年記念モデルが凄い!!

SR400の新発売と同時に、SR40周年記念で500台限定の「SR400 40th アニバーサリーエディション」を発売します。
主な特徴は以下のとおりです。

・特別色の「ベリーダークオレンジメタリック1(ブラウン)」を採用
・職人の手作業によるサンバースト塗装(ぼかし塗装)を施したフューエルタンク
・真鍮音叉エンブレム
・サイドカバーの電鋳SRエンブレム
・本革調のシートサイド表皮
・40周年のロゴを印字したタコメーター
・クロームメッキのヘッドランプボディー
・ゴールドアルマイト処理を施した前後ホイール

1978年発売の初代SR400を彷彿させるカラーリングで、職人の手作業による塗装など質感の高いレトロな仕上がりです。価格は691,220円で、通常モデルより約12万円アップしています。

メーカー純正の特別仕様車に手作業塗装を行うケースは珍しく、オールペンや専用パーツの特別感を考えると魅力的なモデルです。将来的には中古市場で高騰するかもしれません。売る時のことを考えると、お得感を感じます。

ABS規制を回避

2018年10月以降に新発売する車種は、ABSを装備しないといけない新規制が始まります。現在ある車種(2018年9月までに発売)は、2021年9月までABSなしで継続販売できます。新型SR400は発売日が2018年11月になったことで、ABS規制の適用を受けることを懸念されていましたが、新モデルもABS非搭載になっています。

当サイトでも、ABS規制を回避できる理由を明確に把握できていませんが、考えられる要因は以下の2つです。

・アメリカ仕様のSR400が2018年9月に発売された
・一度生産終了になった車種の復活は「現在ある車種」に分類される

もし、一度生産終了になった車種(かつて生産していた車種)も、2021年9月までABSなしで再発売できるのであれば、幅広い車種が復活する可能性を感じます。どちらにしても、新型SR400が規制後にABSなしで発売できたのは明るいニュースです。

おわりに

SR400は1978年から続く超ロングセーラーバイクで、復活を心待ちにしていた人も多いでしょう。先代からスタイリングの大きな変更はなく、伝統を強く残しています。40周年記念車は、過去の特別仕様車に比べても豪華で、魅力のあるパッケージングなので、コレクターからの需要がありそうです。

ヤマハはMTシリーズやX-MAXなど、先進性を感じるデザインのバイクが増えていますが、ラインナップに伝統を強く残したモデルが加わると、選択肢の幅が一気に広くなった印象を受けます。

他メーカーに比べてヤマハは排ガス規制で生産終了になった車種を多数復活させています。海外販売を含めて販売好調で、排ガス規制開発をするための改良に使える予算が他メーカーよりも多いのでしょう。

2017年の排ガス規制で多数の車種を生産終了にした時点で、後継車種の開発をするとアナウンスしていた3車種(SR、セロー、トリッカー)は全て揃って復活しました。ドラッグスターシリーズやWR250シリーズなど、ファンの多い中で生産終了になった車種はまだありますが、この先に排ガス規制から復活の再発売をする車種が続くかどうかは不明です。

ロングセラー車種を復活させる流れは、ここで終わらせずにヤマハ以外のメーカーを含めて積極的に開発を進めてもらいたいです。

こちらの記事もあわせてどうぞ

バイクの最新ニュース
バイクの新型モデル情報、バイクグッズや法律動向などバイクに関わるバイク業界関連情報、バイクレース情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの最新ニュース
バイクの基礎知識
バイクを持つ前・持っているときに知っておきたい初歩的な知識、バイクを購入するときに知っておきたいこと、バイクを手放すときに知っておきたいことを紹介しています。
バイクの基礎知識
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ