スクランブラー1100の発売が決定〜EICMA(ミラノショー)で公開〜

スクランブラー(SCRAMBLER)は、DUCATIが販売するクラシックスタイルのネイキッドバイクです。
1962年〜1974年に単気筒バイクとして登場後、2015年より新しいブランドとして復活しました。現行スクランブラーシリーズは800ccモデルと登場して、その後400cc(Style2)も追加されました。

EICMA(ミラノショー)では、新しい1100ccモデルを公開し、2018年7月の発売をアナウンスし、詳細スペックと価格も公開しました。既存ノ800ccモデルは、多彩なグレード(スタイリング)を用意していますが、1,100ccモデルは、現行スクランブラーにエンジンだけ大型化したのではなく、シャーシや足回りも排気量に合わせて作り直しています。

エンジンはモンスター1100で使用しているビッグツインを流用し、ライドバイワイヤスロットルや、アシスト&スリッパー付きクラッチなどの先進技術でアップデートしています。
王道でクラシックなネイキッドスタイルですが、見た目のインパクト抜群のエキゾーストからなるアップマフラーに、倒立フォークのゴールド化など、既存のスクランブラーシリーズにはない個性を出しています。

最近流行している「ネオレトロ」の言葉がマッチする、クラシックバイクの良さと先進バイクの魅力を融合した1台です

新型スクランブラー1100の特徴・スペック

グレードは3種類

スクランブラー800シリーズは、MACH2.0、CAFE RACER、STREET CRASSIC、DESERT SLED、ICON、CLASSIC、FULL THROTTLEの7種類のグレード(派生車種)を用意しています。

1100シリーズはカウリングに大きな違いはありませんが、足周りを中心にアップデートしたスペシャルと、スポーツを含めた次の3種類のグレードを発売予定です。
今後は800ccのように続々と派生モデルが登場する可能性もあります。

■SCRAMBLER1100
価格:1,584,000円
スタンダートバージョンですが、スクランブラーの魅力でもあるコンパクトで力強いプロポーションとクラシカルなデザインをしっかり取り入れています。

■SCRAMBLER1100SPECIAL
価格:1,748,000円
カスタムバイクからヒントを得たスペシャル仕様。ホイール、シート、スイングアームのカラーリングなど外観を中心に多数の変更点があります。

■SCRAMBLER1100SPORT
価格:1,835,000円
前後オーリンズのサスを搭載し、専用カラー、専用シート、機械加工をほどこしたホイールなどを装備。

SCRUMBLER1100のスペック

車種名 SCRUMBLER1100(スクランブラー1100)
メーカー DUCATI
排気量 1,079cc
発売時期 2018年7月
エンジン形式 空冷L型2気筒 2バルブデスモドロミック
燃費
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
燃料供給方式 フューエルインジェクション
フレーム形式 トレリスフレーム
車両重量 206kg
乗車定員 2名
最高出力 86PS/7,500rpm
最大トルク 9.0kgm/4,750rpm
新車価格 1,584,000円〜

ドゥカティ スクランブラー1100の評価

エンジンを大型化していますが、最高出力を抑えて、ピークパワーとピークトルクを低い回転数に設定しました。バンク角を出せるので、峠のワインディングも楽しめますが、高回転に弱いのでサーキットでの本格的なスポーツ走行には適しません。

800ccモデルと比べて、燃料タンクの大型化、ホイールベースの延長、フロントフォークの大口径化を行い、トラクションコントロール、コーナリングABS、スリッパークラッチなども装備しています。スクランブラーCLASSICなどベース車種に比べると800ccモデルより高額な価格設定ですが、排気量に見合う装備と仕様にアップデートされています。

また、LEDヘッドライトやデジタルメーターを装備し、最新モデルらしいパッケージングになっています。スポーツバイクのようなハイパワーは求めないけど、リッターバイクのゆとりあるパワーとトルクが欲しいという方にオススメです

ゆったり気持ちよく峠のワインディングや高速走行を楽しめるでしょう。

おわりに

実用的な性能を考えれば800ccでも十分ですが、モンスター1100のエンジンを搭載したことで、よりドゥカティLツインエンジンのフィーリングを楽しめるバイクになりました。シンプルな構造なので車体も軽く、電子制御技術も投入されたことで扱いやすさも向上しています。

ただし主なターゲットは、初めて大型バイクやDUCATIを買う人ではなく、スクランブラー800シリーズや他の大型バイクに乗って物足りなくなった方です。

クラシックなデザインだけではなく走行性能も高く、ピークパワーの回転数が低いため街乗りでもエンジンの性能をフルに体感できます。週末の趣味で使う場合に最適なバイクで、楽しくて気持ち良く走れます。

こちらの記事もあわせてどうぞ

バイクの最新ニュース
バイクの新型モデル情報、バイクグッズや法律動向などバイクに関わるバイク業界関連情報、バイクレース情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの最新ニュース
バイクの基礎知識
バイクを持つ前・持っているときに知っておきたい初歩的な知識、バイクを購入するときに知っておきたいこと、バイクを手放すときに知っておきたいことを紹介しています。
バイクの基礎知識
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ