新型アクシスZは最強の通勤スクーター!?アドレスV125と比較

ヤマハの125ccスクーター「アクシスZ」が2017年4月25日に新発売しました。アクシストリートの後継車種にあたり、軽量で扱いやすく燃費に優れた125ccスクーターのエントリーモデルです。

アクシスZでは、N-MAXやトリシティなどで好評の「BLUECOREエンジン」を搭載して、燃費性能が大幅に上昇しました。

BLUECOREエンジンとは、ヤマハの次世代小型エンジンで、「走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を高次元で具現化」をコンセプトに開発されました。可変バルブや、空冷エンジンとSOHC2バルブ、インジェクションの組み合わせを最適にした設定にするなど、先進技術が多数搭載されています。

これまで、水冷・SOHC4バルブで重量の重たいスクーターに採用されることが多かったですが、燃費と走りを両立させたエンジンと車体が軽いアクシスZは最高の組み合わせだと評価できます。国土交通省届出値(60km定置走行・2名乗車)では、125ccスクータークラストップのリッター58.0kmを誇ります。

取り回しもよく、シート下収納も大容量で、まさに最強の通勤・街乗り用の原付2種スクーターです。

ライバル・SUZUKIアドレスV125と比較

アクシスZとアドレスV125のスペックの気になった項目を以下のようにまとめました。

アクシスZ アドレスV125 比較結果
価格 243,000円 243,000円 互角
燃費(国土交通省届出値) 58km 52km 僅差でアクシスZ
最高出力 6.0kW(8.2PS)/6,500rpm 7.3kW〈9.9PS〉/7,500rpm アドレスV125だが回転数ならアクシスZ
最大トルク 9.7N・m(0.99kgf・m)/5,000rpm 10N・m〈1.0kgf・m〉/6,000rpm ほぼ互角。中低速トルクはアクシスZ
重量 100kg 97kg 僅差でアドレスV125
シート下収納 37.5L 約20L アクシスZ

●総評
価格やパワー、燃費はほぼ互角です。
エンジンスペックはアドレスV125の方が優れていますが、アクシスZはピークパワーが低い回転数で出るので実感できるほどの性能差はありません。ポイントになるのは、クラストップレベルのシート下収納スペースです。アクシスZよりも車体が大きいN-MAXやPCX、シグナスXよりも大容量の収納スペースを確保していて、実用性が高いです。

アドレスV125はマイナーチェンジを何度かしているものの、エンジンなどの基本構造は2005年のデビュー当時から大きな変更はありません。2017年に新発売したアクシスZの方が魅力的なスペックになるのは当然と言えるでしょう。

アドレスV125は全メーカーの中でもトップクラスの耐久性があり、故障が少ないと評判です。アクシスZのBLUECOREエンジンも、低い回転数で走るので高い耐久性を期待できますが、まだ長期間、多走行しているオーナーの実績が少なく不透明な部分があります。耐久性を重視して、メット下収納スペースの差を妥協できるのであれば、アドレスV125を選ぶ価値があるでしょう。

アクシスZのスペック

車種名 アクシスZ
排気量 124cc
新車価格 243,000円
発売時期 2017年4月
エンジン形式 空冷4ストローク単気筒/SOHC4バルブ
燃費 国土交通省届出値58.0km/L (60 km/h) 2名乗車時
トランスミッション形式 ベルト式無段変速/オートマチック
クラッチ形式 乾式,遠心,シュー
燃料供給方式 フューエルインジェクション
フレーム形式 バックボーン
乾燥重量 100kg
乗車定員 2名
最高出力 6.0kW(8.2PS)/6,500rpm
最大トルク 9.7N・m(0.99kgf・m)/5,000rpm

まとめ

アクシスZのBLUECOREエンジンはN-MAXとベースは同じですが、N-MAXの水冷SOHC4バルブに対して、アクシスZは空冷SOHC2バルブで非力です。パワーを抑えた分、燃費性能が優れているのですが、気になるのは加速性能と最高速です。

アクシスZのオーナーレビューを見ると、時速80kmまではスムーズに加速し、引っ張るとじわじわと90km前後までスピードが出るそうです。最近の原付2種は時速100km以上出るバイクもありますが、実用域では時速80kmまでスムーズに加速すればストレスは感じないでしょう。

どんなスクーターでも常にフルスロットルで全開加速したい方は、シグナスXやN-MAXなどの上位車種を選びましょう。

私はそもそも原付2種は、街乗りで最低限の走りができれば十分なものだと思っています。低燃費で収納力が優れたアクシスZはオススメ度が高い1台です。ひとつ不満を挙げるならば、たとえ街乗り用でバイクに乗るなら、もっと見た目がかっこいいバイクを私は求めています。

アクシスZはフロントカウル埋め込み型ウインカーや、流線的なテールランプ、スポーティーなテールカウルなど見栄えが悪いわけではないのですが、フルLEDにオシャレなシートなど、見た目にこだわったグレードを用意してくれれば、欲しいバイクの筆頭になると思います。

こちらの記事もあわせてどうぞ

バイクの最新ニュース
バイクの新型モデル情報、バイクグッズや法律動向などバイクに関わるバイク業界関連情報、バイクレース情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの最新ニュース
バイクの基礎知識
バイクを持つ前・持っているときに知っておきたい初歩的な知識、バイクを購入するときに知っておきたいこと、バイクを手放すときに知っておきたいことを紹介しています。
バイクの基礎知識
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ