150cc市場に待望の2017年新型「N-MAX155」登場

2017年4月25日に、ヤマハの人気スクーターN-MAXの155ccバージョンが新発売されました。もともとN-MAXは、2016年3月にホンダPCXに真っ向からぶつかるライバルとして登場していて、PCX150が人気の中で、これまで150ccクラスのラインナップがないのが不思議なくらいでした。

ヤマハはスクーターに強いメーカーで、マジェスティ、シグナスXなど人気車種が多数あります。150ccクラスについては、マジェスティSが新型N-MAX155と同じ150ccクラスとして販売されていましたが、ライバルのホンダPCX150に販売台数で大きな遅れを取っていました。

N-MAX155はマジェスティSと共通パーツが多いですが、150ccクラスではマジェスティSでは車体が大きすぎるといった声が多かったです。N-MAX155の発売で、ホンダのPCX150と真っ向から勝負できるラインナップがそろったことになります

PCX150とN-MAXは若干のスペック差はあるものの、最終的にはスタリングとメーカーの好みでどちらを購入するか選べるでしょう。

N-MAX155の概要

N-MAXは車体はN-MAX125、エンジンはマジェスティSとほぼ共通です。

車体はN-MAX125ccに比べて以下の違いがあります。

・ボディーカラー、ホイールカラーの違い
・エンブレムに155の文字が入っている
・シートにステッチが入っている

エンジンについては、マジェスティSと同じ型式を採用していますが、N-MAX155よりも圧縮率を下げたことによって燃費が向上しています。

●国土交通省届出値の燃費比較

N-MAX155:49.9km
N-MAX125:50.5km
マジェスティS:40.0km
PCX150:52.9km

最高出力は、ピークパワーの回転数を若干上げたことによってマジェスティSと同じ15PSです。PCX150に比べて燃費は劣りますが、最高出力はN-MAX155の方が優れています。(PCX150は14PS)

外観については、PCXはスポーティー、N-MAXは重厚感がある印象がありますが、PCX150の131kgの重量に対して、N-MAX155は128kgで3kg軽いです。迫力あるデザインで重量が軽いのはヤマハの造り方の上手さが光っています。

いずれもスペックに若干の差はあるもの、違いを実感できるほどではありません。PCX150かN-MAX、マジェスティSの150ccスクーターでどれを購入するか悩んだときは、販売店で店頭展示している車両を見に行って、見た目が気に入ったバイクを選びましょう。

N-MAXの魅力

N-MAXはヤマハの最新「ブルーコアエンジン」を搭載し、燃費と走行性能、冷却性能の全てが高い次元にあります。ヤマハの原付2種といえば、シグナスX SRが売れ筋ですが、N-MAX(125/155)はシグナスX SRより重いにも関わらず燃費性能が良いです。

ボディーはシグナスXやアクシスより大きく、マジェスティSより小さいです。ホンダのPCXと同様に迫力、取り回しを兼ね備えた、ちょうど良い大きさです。通常の原付2種スクーターより一回り大きく重厚な造りですが、見た目以上にバンク角が大きくスポーツ性能も両立しています。

バイクのコンセプトはホンダPCXとほぼ同じで、デザインや走りの良さにヤマハの個性が入ったバイクがN-MAXシリーズです。

N-MAX155のスペック

車種名 N-MAX155 ABS
排気量 155cc
新車価格 378,000円
発売時期 2017年4月
エンジン形式 水冷4ストローク単気筒/SOHC4バルブ
燃費 国土交通省届出値49.9km/L (60 km/h) 2名乗車時
トランスミッション形式 Vベルト式無段変速/オートマチック
クラッチ形式 乾式,遠心,シュー
燃料供給方式 フューエルインジェクション
フレーム形式 バックボーン
乾燥重量 128kg
乗車定員 2名
最高出力 11kW(15PS)/8,000rpm
最大トルク 14N・m(1.4kgf・m)/6,000rpm

まとめ

N-MAXやPCXの購入を検討している方からは、125と150のどちらにするべきかの相談をよくいただきます。N-MAXは125と150で共通ボディーを採用していて、エンジンのパワーもそれほど大きな違いはありません。

バイクの走行性能ではなく、高速道路に乗るかや任意保険をどうするかで選びましょう。125ccと150ccの選び方については、当サイトのバイク購入相談コーナーの中で詳しく紹介しています。

N-MAX155の総評についてですが、125も含めてPCXよりも遅くデビューしている分、デザインやエンジンも先進性があって私は好きです。PCXかN-MAXのどちらかを新車で買うなら、私はN-MAXを選ぶでしょう。

PCXはすでに高いブランド力を得ている大ヒット車種ですが、ヤマハはスクーター分野で実績が豊富なので、PCXと比較して総合力やブランド力で、唯一太刀打ちできるメーカーだと思っています。

ただし、どちらのバイクも小排気量の厳しい規制の中で造られているため性能差は少ないです。紹介している通り、自分が惚れ込んで大切にできそうなバイクを選びましょう。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ


バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。

『バイク王』の公式ホームページはこちら

一括査定でじっくり売り先を探す


手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。

『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

バイクを売るコツをもっと知る

バイクをできるだけ簡単に売りたい方、できるだけ早く売りたい方はこちらの記事をご参考ください。
早く、簡単に売る中でも、できるだけ高く売る方法を紹介しています。

バイクを早く売る方法、簡単に売る方法

手間や時間がかかってもいいから、できるだけ高く売りたい方はこちらの記事をご覧ください。
できるだけ高く売る方法の中で、できるだけ手間がかからない方法を紹介しています。

バイクを手間がかかっても一円でも高く売る方法

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ