原付の処分方法や費用

不動車や、事故車の原付バイクを処分する場合の、手続きと処分方法、費用を紹介します。

不要な原付をいつまでも持っていると、置場や税金、保険の問題が発生します。
原付の処分を検討している方は是非、参考にしてみてください。

原付の処分は、買取専門業者の利用が便利

処分したい原付があれば、バイクの買取専門業者に相談するとよいでしょう。
バイクの買取専門業者は、原則どんなバイクでも無料引き取りで面倒な役所への手続きも全て代行してくれます。

業者やバイクの車種や状態によっては、解体する原付でも5千円〜2万円ほどの値段を付けて買取してくれる場合があります

費用の面や、無料の出張引き取りや事務手続き代行などの手間を考えると、買取専門業者に依頼するのが、安心できてメリットが大きいです

→おすすめのバイク買取業者ランキング

買取専門業者を利用せずに、自分で処分する場合の手続き

買取専門店など、バイクの引き取りから廃車届の提出などをフルサポートしてくれる業者を利用せずに、自分で原付を処分する場合の手順を紹介します。

自分で原付を処分する場合は、次の2つの工程があります。

  1. 市区町村の役場で、廃車届を提出して、廃車証明書を受領する
  2. 解体業者など、原付の処分を行う業者に直接車両を受け渡す

原付を処分する場合は、必ず廃車届を役所に提出しなければいけません。
(参考:原付の廃車に必要な手続きや書類)

車両を処分しても、ナンバーや登録書類(標識交付証明書)が残っていると、現存している車両だと処理されて、その後も軽自動車税の納付書が届いてしまいます。
役所への廃車手続きに関しては、自分で申請書の提出とナンバー、登録書類の返納をすれば無料です。

原付を処分する方法

市区町村の役場に廃車届だけ出しても、車両は手元に残った状態です。
廃車済みの原付を処分する方法の例を紹介します。

  • 車の解体業者に処分を依頼する
  • スクラップ屋(産業廃棄物処理業者)に原付を丸ごと処分を依頼する
  • 不用品回収業者に引き取ってもらう
  • ネットオークションなどに、ジャンク品や部品取り車として出品する
  • 自分でまだ使える部品と、プラスチックのゴミ類、資源化できる鉄に分解して仕分けする
原付は不動車や事故車でも価値がある

修理して乗る事が難しく、処分する以外に道が無いような事故車や不動車であっても、原付は価値が残っています

原付を処分する業者は、まだ使える部品とエンジンやフレームなどの鉄、配線やカウルなどの使い道がないゴミに分解して仕分けします。そして、まだ使える部品はリサイクル部品の業者や、中古部品販売としてお金に変えます

フレームやエンジンなどの鉄は、スクラップ屋が重さに応じて買取をしてくれます。カウルなどのプラスチック部品や配線、タイヤなどのゴムの部品は再生するのが難しいので、それぞれ廃棄物として処分します。

このように処分する原付でも、分解と仕分けする事で部品や鉄としての価値が残ります。そのため、解体業者やスクラップ屋、不用品回収をしている業者は、無料や現金買取などで処分する原付を引き取っています。

個人が処分する原付を現金化するのはハードルが高い

処分する原付でも資源としての価値があり、自分でバラして部品を売ったり、部品取り車としてネットで売ればお金に変えられます。

しかし、個人が処分する原付を現金化するのはハードルが高いです。その理由は次のものが挙げられます。

  • 素人が、再販する部品、鉄、処分する部品に仕分けをするには労力がいる
  • 再生部品や中古部品として買取してくれる業者を探すのが大変。まとめて売らないと買取レートが安くなる
  • 鉄の買取をするスクラップ屋は、個人と法人で買取レートが違う
  • ネットオークションを利用すると、手数料が発生する
  • カウルなどの粗大ゴミの処分にお金がかかる

このように、処分する原付を引き取っている業者は、ノウハウや長年の業者との付き合い、部品をまとめ売りにするなど、個人では真似のできない商法を持っています。

個人が処分する原付を少しでも高く現金化させようと取り組んでも、結果的に労力に見合った見返りは期待できず、ネットオークション手数料や処分費用などの出費が高く付いてしまう事もあります

違法投棄はもちろん犯罪

処分する原付は、価値があるなら、その辺に捨てしまえ。という考え方をする方も、ごく稀にいますが違法投棄はもちろん犯罪です
フレームの車体番号やエンジン番号などから旧所有者を割り出して、違法投棄した人を警察は探します。

違法投棄は5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金になります。
原付を処分する時は、信頼できる業者に依頼するか、自分で最後まで責任を持って処理をしましょう。

まとめ

・原付の処分は市区町村の役場への廃車届と、車両の処分の2つの工程に分かれる
・買取専門業者を利用すれば、無料もしくは現金買取で不要な原付の引き取りから事務手続き代行をやってくれる
・原付は不動車や事故車でも、部品や鉄としての資源価値があるので、処分費用を徴収される事はほとんどない
・個人が原付を最後まで処分するのはハードルが高く、プロの業者にある程度任せた方がリスクが少ない

こちらの記事もあわせてどうぞ

バイクを手放す
「バイクを手放す」では、バイクを廃車にする、譲渡する、抹消する、処分する、パーツを売る時の基礎知識を紹介しています。
バイクを手放す
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ