地震が起こってもバイクを倒れにくくする駐車方法

下記は2018年1月1日から9月7日までに起こった震度5以上の地震情報です。9月6日には地震の少ない北海道で震度7の大地震が起こりました。

昨今は、6月の大阪地震、2016年の熊本地震など甚大な被害が出る大地震が毎年のように起こっています。

9月6日 北海道 最大震度 7
7月7日 千葉県 最大震度 5弱
6月18日 大阪府 最大震度 6強
6月17日 群馬県 最大震度 5弱
5月25日 長野県 最大震度 6弱
5月12日 長野県 最大震度 5弱
4月25日 北海道 最大震度 5弱
4月9日 島根県 最大震度 5強
3月1日 沖縄県 最大震度 5弱

参考元 日本気象協会
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/entries?max_level=level_5_minus

地震の多い日本では、地域を問わず地震や災害の対策を取っておくことが大切です。地震ではバイクが倒れる被害も多いです。車種や駐車方法、環境、地震の揺れ方にもよりますが、震度4以上になると地震でバイクの転倒する確率が高くなります。

バイクを駐車する時は以下の3点を行うだけで地震による転倒リスクを少なくできます。

  • サイドスタンドを利用する(センタースタンド、メンテナンススタンドはNG)
  • ギアを入れて停車する
  • ブレーキをかけた状態にする

重心を低くしてタイヤを動かなくすることが大切

サイドスタンドよりも、センタースタンドやメンテナンススタンドの方が通常の駐車では安定感が出ます。しかし、後輪を浮かせるセンタースタンドでは重心が高くなり、バイクの重さが地面に対して垂直にしかかからないので横の動きに弱くなります。サイドスタンドを活用すれば横の動きに対して強くなります。

バイクの進行方向への動きは、駐車時にギアを入れることとブレーキをかけたままにすることで対応できます。ニュートラルギアの状態かつブレーキをかけていないと、地震の揺れでバイクが動いてしまい、スタンドが外れたり、反動によってスタンドのかかったままバイクが倒れやすくなります。

ミッションバイクはギアを入れて駐車するように普段から癖を付けておくようにしましょう。スクーターはブレーキロック機能がなければ、後付けのブレーキ固定ツールを活用してください。ギアを入れた場合でも、タイヤの動く幅で数cmほどの遊びが生じます。ミッションバイクでもブレーキロックを併用すると、より倒れにくくできます。

・オススメのブレーキロックグッズ

商品名:DAYTONA(デイトナ) フロントブレーキロック
価格:679円
DAYTONA(デイトナ) フロントブレーキロックのamazonページ

確実に転倒を防ぐ方法

サイドスタンド、ギア入れ、ブレーキロックの3点を活用しても、確実に転倒を防止できません。より、確実に転倒を防止するにはロープでバイクを固定するしかありません。車に積載する時のように、タイヤと低い位置にあるフックを結んで左右から引っ張るように固定するとよいでしょう。

しかし、ロープで縛るにはガレージなど広い環境が必要です。また、頻繁にバイクを乗る場合は毎回ロープで固定するのは手間の問題から現実的ではありません。年に数回しか乗らないバイクで、希少性が高くて中古市場でプレミア価格で流通しているようなバイクを持っている方は、地震対策を日常的に行うとよいでしょう。

ほかにも、専用ガレージを持っている場合は、床に固定して前輪をはめ込んで固定するツール(ホイールクランプ)を活用する方法もあります。

・オススメのバイク用ホイールクランプ
フロントホイールチョック
価格:4,980円
フロントホイールチョックの楽天ページ

バイクスタンド フロントホイールクランプ
価格:6,990円
バイクスタンド フロントホイールクランプの楽天ページ

通常の車両保険だけだと地震は対象外

自損事故も補償する一般(フルカバー)タイプの車両保険でも、地震、噴火、津波は対象外になります。地震による転倒や火災などの損害も補償するには、「地震・噴火・津波危険 車両全損時一時金特約」をつける方法があります。ただし、名称にあるとおり全損にならないと保険は出ません。

津波でバイクが流されたり、地震火災で燃えた場合は保険金請求できますが、地震でバイクの転倒した修理費用を補償する特約は現在ありません。なお、地震・噴火・津波危険特約という一部損で保険の出る特約も以前はありましたが、増加する地震被害で現在は各保険会社で全損時の特約しかありません。

また、「地震・噴火・津波危険 車両全損時一時金特約」は通販型で扱っていないことが多いです。(三井ダイレクトでの取り扱いはなし)。バイク保険で人気の高いチューリッヒやアクサダイレクトなどの外資系通販型バイク保険で扱っています。

地震保険でバイクの転倒による損害を請求することはできないので、日常的に転倒しにくい環境を作ってリスクを軽減するしか方法はありません。

おわりに

口コミやユーザー投稿型掲示板でもバイクの転倒防止には、サイドスタンドとタイヤを動かなくさせることが重要だということが良くわかります。

・YAHOO知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13102725628

・価格.com
http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=12804404/

ちなみに私は地震での転倒経験はないですが、台風でGSX-R750が倒れていた経験があります。燃料タンクの塗装が一部剥がれて、再塗装をする事態になってしまいました。

私がバイクに乗っていて経験した一番大きな震度は2011年東日本大震災時の震度4でした。(神奈川県)。地震に対する危機感が少なかったのですが、2018年9月の北海道地震で対策の必要性を感じました。

2018年1〜9月に全国で9回も震度5以上の地震が起こっていることにも驚きました。地震はいつどこで起こるか分からないです。このページを読んだ方は、バイクに限らず防災意識を今一度高めるように意識してもらえると幸いです。

こちらの記事もあわせてどうぞ

バイクを持つ
「バイクを持つ」では、バイクの購入方法、メンテナンス、保管方法、税金・保険・車検などの維持費について紹介しています。
バイクを持つ
メーカーごとのバイク車種一覧とその特徴
メーカーごとにバイクの車種の特徴や、販売金額、売却予想金額などをまとめました。
メーカーごとのバイク車種一覧とその特徴
バイクの最新ニュース
バイクの新型モデル情報、バイクグッズや法律動向などバイクに関わるバイク業界関連情報、バイクレース情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの最新ニュース

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ