バイクの維持費用(保険、車検、税金の金額)

バイクは保有しているだけでもある程度のコスト(維持費)がかかります。
バイクを維持するためには、ガソリン代や整備費用以外に「保険、車検、税金」を支払う必要があります。

このバイクの維持費はどのくらいかかるのか、どうやったらお得に加入できるのでしょうか?
ここでは、バイクの維持費用について解説します。

バイクの維持費はどれくらいかかるの?

バイクの維持費は、自動車に比べると安いのが特徴です。特に税金の面では、車よりも大幅に安いと言えるでしょう。ただし、バイクの任意保険は高くなることもあるようです。

●詳細は→バイクと車の維持費の比較

車とバイクの維持費が異なるように、バイクの中でも排気量によってかかる維持費が異なります。
基本的には原付など排気量の小さいバイクの維持費が安く、排気量が大きくなるほど維持費が大きくなるようです。

●詳細は→排気量別バイクの維持費を徹底比較

バイクの車検について

250cc以上のバイクでは車検が必要になります。
逆に250cc未満のバイクでは車検は不要です。

バイクの車検は自動車と同様、新車時のみは3年、その後2年毎に行います。
バイクの車検は諸費用で最低でも2万円前後かかります。

バイク屋で車検をお願いした場合、整備や消耗品の交換で4~10万円ほどかかります。
ユーザー車検なら最低費用の2万円に限りなく近づけるので、時間があれば試してみるとよいでしょう。

●詳細は→バイクの車検について。費用や方法を紹介。

バイクの保険について

バイクは事故を起こしやすい乗り物ですので、いざという時のために保険に入っておく必要があります。
バイク保険には「自賠責保険」と「任意保険」があります。

自賠責保険は別名「強制保険」とも呼ばれるもので、排気量にかかわらず定期的に収めなければならないお金です。
支払う金額は所有するバイクの車検の有無、排気量などによって変動します。

バイクの種類 税額
12ヶ月13ヶ月24ヶ月25ヶ月36ヶ月37ヶ月48ヶ月60ヶ月
小型二輪自動車(251cc~)9,1809,55013,64014,01018,02018,380--
軽二輪自動車(126cc~250cc)9,510-14,290-18,970-23,56028,060
原動機付自転車(~125cc)7,280-9,870-12,410-14,89017,330

「任意保険」は強制保険でないため、加入率が低いのですが、交通事故による高額な賠償責任を回避できるので、入っておくようにしましょう。

また、バイクの保険には「自賠責保険」と「任意保険」以外にも幾つかの保険があります。
車両保険やロードサービスなど任意保険に付帯されている保険のほか、盗難保険のように任意保険とは独立した保険もあります。

どの保険に加入して、どれだけ補償を厚くするかは、お持ちのバイクの状態やリスクの取り方にもよります。

さらに、原付バイクの保険は、それ以外のバイクに比べても金額が低いのが特徴です。
また、自動車をお持ちで任意保険に加入している方は、ファミリーバイク特約を利用することで、さらに安くバイクの保険に加入できます。

●詳細は→バイクの保険の基礎。加入方法や選び方について

バイクの税金について

バイクにかかる税金としては、重量税と軽自動車税があります。
重量税は251cc未満の排気量であれば購入時のみ、それ以上の車検があるバイクでは、車検を受けた時に毎回負担することになります。
125cc未満のバイクでは、支払う必要はありません。

バイクの種類税額
小型二輪自動車(251cc~)5,000(新車登録時)
小型二輪自動車(251cc~)3,800(車検時)
軽二輪自動車(126cc~250cc)4,900(新車登録時)
原動機付自転車(~125cc)課税なし

軽自動車税はすべてのバイクで支払う必要がありますが、年間数千円と比較的安いです。
軽自動車税は、登録後の毎年4月1日時点でバイクを所有している人に課税されます。

バイクの種類税額
小型二輪自動車(251cc~)4,000
軽二輪自動車(126cc~250cc)2,400
原動機付自転車91~125cc1,600
51~90cc1,200
~50cc1,000


●詳細は→バイクにかかる税金は重量税と軽自動車税

こんなバイクの基礎知識も紹介しています

●バイクについての基礎的な知識
「バイクを知る」では、交通違反やバイクの改造、バイクの種類や仕組みなど、バイク初心者の方に向けた情報を紹介しています。

バイクを知る
「バイクを持つ」では、バイクの購入方法、メンテナンス、保管方法、税金・保険・車検などの維持費について紹介しています。

バイクを持つ
「バイクを手放す」では、バイクを廃車にする、譲渡する、抹消する、処分する、パーツを売る時の基礎知識を紹介しています。

バイクを手放す

●バイクを売るための基礎知識


バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。

「バイクを売るコツ」はこちら
サブコンテンツ

ページの先頭へ