2017年版50cc原付スクーター比較

50ccの原付スクーターは、排気量が小さく時速30kmの実用速度を前提に造られているため、車種ごとの性能差が少ないです。
2ストキャブ車の時代は、ヤマハのZRが速いなど性能差が大きかった頃もありますが、4ストインジェクション化されてから、性能面の差は一層少なくなりました。

国産メーカーの原付スクーターであれば、耐久性や故障頻度もほぼ互角なので、スタイリングと価格・装備で選ぶとよいでしょう。

2017年モデルの50ccスクーターの比較ポイントをまとめました。

2017年原付(50ccスクーター)の価格ランキング

2017年8月1日現在、新車ラインナップに並んでいる50cc原付バイクスクーターを、メーカー希望小売価格順に並べました。(生産終了モデルは含まれていません)

50cc原付スクーターの価格差のほとんどは「デザイン性」と「質感」です。
一昔前は、トゥデイやチョイノリなど、エンジン性能を下げて低価格を売りにした車種がありましたが、現行モデルは全て4馬力以上を確保して性能差が少なくなりました。

高額な車種は若者を中心に人気が高いです。スタイリングで気にいった車種を選ぶことも大切でしょう。
安さを重視したい場合は、生産終了モデルを含めて中古購入も検討しましょう。

安さ メーカー 車種 価格
1位 スズキ レッツ 143,640円
2位 スズキ レッツG 154,440円
3位 スズキ アドレスV50 155,520円
4位 ホンダ タクト 159,840円
5位 ヤマハ ジョグ 171,720円
5位 ヤマハ ジョグプチ 171,720円
7位 ヤマハ ジョグデラックス 184,640円
8位 ホンダ ジョルノ 189,000円
9位 ヤマハ ジョグZR 205,200円
9位 ヤマハ ビーノモルフェ 205,200円
11位 ヤマハ ビーノデラックス 209,520円
12位 ホンダ Dunk 214,920円
13位 ヤマハ VOXデラックス 232,200円
14位 ホンダ ズーマー 243,000円

50ccの原付スクーターオススメ車種

50ccの原付スクーターは、性能差が少なく上位モデルは個性を出して勝負しています。
項目別に50ccスクーターのオススメ車種情報を紹介します。

オシャレ・ストリート・カスタムベースのオススメの50ccスクーターランキング

1位:ホンダ ズーマー

2位:ヤマハ ジョグZR

3位:ホンダ Dunk

4位:ヤマハ VOXデラックス

ズーマーは、ノーマルでもカッコ良くてカスタムパーツも豊富です。中古バイク市場でも抜群の人気を誇っています。
ジョグZRはスポーティースクーター唯一の生き残りです。走行性能は2スト時代に比べるとマイルドになってしまいましたが、スタイリングのスポーティーさで勝負しています。
Dunk、VOXは見た目がオシャレですが、カスタムの需要は低いです。

軽い50ccスクーターランキング

1位:スズキ レッツ/レッツG  69kg

2位:スズキ アドレスV50    73kg

3位:ホンダ タクト      78kg

4位:ヤマハ ジョグプチ    83kg

50ccスクーターは全車種軽量で女性や小柄な方でも簡単に乗りこなせます。しかし、軽ければ軽いほど扱いやすく、取り回しが楽です。
特に駅前のバイク置き場や、スーパーやショッピングモールのバイク置き場など、狭くて他の駐輪バイクが密集している場所だと、車両重量の軽さが威力を発揮します。

ディスクブレーキ搭載車種一覧

より高性能の原付スクーターを選びたい場合は、フロントブレーキにディスクブレーキを採用している車種がオススメです。
なお、50ccスクーターは全モデルがリアはドラムブレーキを採用しています。
現行モデルのディスクブレーキ採用車種は以下の通りです。

・ヤマハ ジョグデラックス
・ヤマハ ジョグZR
・ヤマハ BW’S
・ホンダ Dunk

まとめ

当サイトがもっともオススメしたい原付50ccスクーターはホンダのDunkです。
外観がオシャレな車種では、ヤマハのVOX、ホンダのズーマーがライバルになります。VOXは大柄な車体に対してシート下収納が小さいデメリットがあります。
ズーマーは、唯一のフレーム型シート下収納で大きめの荷物の積載が得意ですが、雨の日や外出時の荷物の保管など実用性はあまりよくありません。

Dunkはオシャレな外観と収納スペースを両立していて、足元のフロアにも荷物を置きやすいです。
ブレーキランプはLEDを採用して先進性が高く、スマホ充電ができる電源ソケット、アイドリングストップ、コンビブレーキシステム(リアブレーキをかけると適度にフロントブレーキもかかる)などが搭載されていてパッケージングも豪華です。
スタイリング、質感、装備が付いている割には価格設定が安くお得感が高い1台です。

冒頭でも紹介している通り、50ccの原付スクーターは車種ごとの性能差が少ないので、見た目が気に入ったバイクを選ぶことが一番大切です。

こちらの記事もあわせてどうぞ

バイクを持つ
「バイクを持つ」では、バイクの購入方法、メンテナンス、保管方法、税金・保険・車検などの維持費について紹介しています。
バイクを持つ
メーカーごとのバイク車種一覧とその特徴
メーカーごとにバイクの車種の特徴や、販売金額、売却予想金額などをまとめました。
メーカーごとのバイク車種一覧とその特徴
バイクの最新ニュース
バイクの新型モデル情報、バイクグッズや法律動向などバイクに関わるバイク業界関連情報、バイクレース情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの最新ニュース

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ