2017年版150ccスクーター比較

PCX150のヒットを皮切りに、原付2種のように取り回しがよくて高速道路や有料道路にも乗れる150ccクラスのスクーターが普及しています。
スクーターに強いヤマハも150ccスクータークラスに参入して、ホンダのPCXと熾烈な争いを繰り広げています。

2017年8月現在、国産主要メーカーのラインナップに並んでいる150ccクラスのスクーターは次の車種があります。

・ホンダ PCX150

・ヤマハ N-MAX155ABS

・ヤマハ トリシティ155ABS

・ヤマハ マジェスティS

ホンダのPCX150に直接ぶつかるライバルはN-MAX155です
マジェスティSは全長が長く全幅が狭い高速走行に優れたボディーサイズです。
トリシティ155は見た目で分かる通り、前2輪後1輪の3輪構造で安定感を重視したバイクです。

PCX150とN-MAX155は、125ccクラスの原付2種スクーターに近く、マジェスティSは、200ccや250ccスクーター寄りの存在です。
トリシティ155は125ccの用意もあるため、原付2種に近いスクーターですが独自路線を進んでいます。

価格・ボディーサイズ・重量の比較

ホンダ ヤマハ
PCX150 N-MAX155ABS トリシティ155ABS マジェスティS
価格 360,720円 378,000円 453,600円 349,920円
全長 1,930mm 1,955mm 1,980mm 2,030mm
全幅 740mm 740mm 750mm 715mm
全高 1,100mm 1,115mm 1,210mm 1,115mm
軸間距離 1,315mm 1,350mm 1,350mm 1,405mm
シート高 760mm 765mm 780mm 765mm
重量 131kg 128kg 165kg 145kg

全長、軸間距離が短いほど取り回しが良くなります。取り回しではPCX150が一歩リードしていますが、N-MAXと比較して大差はありません。
トリシティ155は、前2輪の構造にも関わらず、全長、全幅、軸間距離ともにライバルと大差なくコンパクトにまとめています。
マジェスティSは、150ccクラスの中ではボディーサイズが大きいですが、高速走行の安定性が高いです。

エンジンスペック・燃費性能を比較

・ホンダ PCX150
エンジン型式:水冷4ストロークOHC単気筒
排気量:152cc
最高出力:10kw(14PS/8,500rpm
最大トルク:14N・m(1.4kgf-m)/5,000rpm
燃費:52.9km(国土交通省届出値)

・ヤマハ N-MAX155ABS
エンジン型式:水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
排気量155cc
最高出力:11kw(15PS/8,000rpm
最大トルク:14N・m(1.4kgf-m)/6,000rpm
燃費:49.9km(国土交通省届出値)

・ヤマハ トリシティ155ABS
エンジン型式:水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
排気量155cc
最高出力:11kw(15PS/8,000rpm
最大トルク:14N・m(1.4kgf-m)/6,000rpm
燃費:43.4km(国土交通省届出値)

・ヤマハ マジェスティS
エンジン型式:水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
排気量155cc
最高出力:11kw(15PS/8,000rpm
最大トルク:14N・m(1.4kgf-m)/6,000rpm
燃費:40.0km(国土交通省届出値)

ヤマハの155ccスクーターはBLUE COREエンジンという最新のエコエンジンを搭載しています。
しかしホンダのPCXとエンジンスペックに大差はなく、カタログ燃費はPCXが一番優れています。
購入時の比較材料としての評価は、エンジンスペックはほぼ互角とみてよいでしょう。
燃費に関しては、3輪バイクのトリシティ155とボディーサイズが一回り大きいマジェスティSはライバルよりも低い数字になっています。

収納力の比較

150ccクラスの魅力は高速道路に乗れることですが、高速走行よりも街乗りメインの使い方が人気のカテゴリーです。
通勤・通学・買い物などの日常的な使用で重要なのが荷物の収納力です。

・ホンダ PCX150
シート下収納:25L
フロントパネル:500mlのペットボトル収納可能&スマホ充電可

・ヤマハ N-MAX155ABS
シート下収納:約24L
フロントパネル:500mlのペットボトル収納可能のフロントポケット

・ヤマハ トリシティ155ABS
シート下収納:約23.5L
フロントパネル:12V・DCジャック内蔵の小物収納

・ヤマハ マジェスティS
シート下収納:約32L
フロントパネル:約2.7Lのフロントポケット

収納力ではボディーサイズが大きいマジェスティSが一歩リードです。
PCXとN-MAXは僅差ではありますが、PCXの方が勝っていますが、ほぼ互角と見てよいでしょう。

まとめ

150ccのスクーター4車種を比較すると、マジェスティSはかつて流行したマジェスティ125に近いボディーサイズで、ライバルよりも一回り大きく安定感のあるボディーを売りにしています。
トリシティ125は取り回しと扱いやすさを両立した、ライバル不在のフロント2輪・リア1輪の3輪バイクです。
N-MAXとPCXを比較するとスペック上はほぼ互角ですが、N-MAXの方がデザインや計量さ、ABS付きのパッケージングなど後発の新型バイクだけあって総合評価は高いです。
125ccが2016年、155ccが2017に発売された新型バイクのN-MAXと比較して、PCXはスペック面でほぼ互角でロングセラーになる理由がよくわかります。

スペック面の差は全体的にすくないので、最終的にはデザインやメーカーの好きなバイクを選びましょう。
当サイトの見解としては、都市部など取り回しや実績や車種のブランド力を重視する場合はPCX、デザイン性を重視するならN-MAXがオススメです。

こちらの記事もあわせてどうぞ

バイクを持つ
「バイクを持つ」では、バイクの購入方法、メンテナンス、保管方法、税金・保険・車検などの維持費について紹介しています。
バイクを持つ
メーカーごとのバイク車種一覧とその特徴
メーカーごとにバイクの車種の特徴や、販売金額、売却予想金額などをまとめました。
メーカーごとのバイク車種一覧とその特徴
バイクの最新ニュース
バイクの新型モデル情報、バイクグッズや法律動向などバイクに関わるバイク業界関連情報、バイクレース情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの最新ニュース

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ