バイク購入時のバイクショップの選び方

バイクライフは販売店選びが重要です。バイク販売店は車両を購入するだけではなく、メンテナンスや突然のトラブルなど、何かとお世話になるものです。

バイクショップを見つける

目的のバイクを見つけたら、販売店とコンタクトを取ってみましょう。
まずは電話して在庫の確認から始めます。在庫があることを確認したら、日程を決めて実際に販売店に出向いてみましょう。

こうして実際に店舗に出向くことで、実際の車両の状態や、販売店の雰囲気、担当者との相性がわかります。「自分にはあわないな」と感じたら、無理せず別な店舗にいってみましょう。

この上でバイクの購入を決めると、アフターサービスまで安心なバイクショップを選べるので、楽しいバイクライフを送ることができますよ。

バイクショップ選びのチェックポイント
  • 簡単な見積書を作ってもらう
  • お店の得意分野(整備、カスタムなど)を知る
  • お店のスタッフとじっくり話してみる
  • アフターサービスを考えると通いやすいトコロがベスト

自動車公正取引協議会の会員店を選ぶと安心

自動車公正取引協議会(http://www.aftc.or.jp/)の会員店では、値段を示した「プライスカード」に加えて、品質評価書を用意しています。

これにより、バイクの各部の状態が4段階で評価されているので、簡単にバイクの情報がわかりますので安心です。

なお、自動車公正取引協議会の会員店では、下のような「会員証」や「会員店ステッカー」を店舗に掲げていますので、確認してみてください。

img_point_1
(参考:自動車公正取引協議会HP http://www.aftc.or.jp/mc/index.html)

プライスカードの例

プライスカードに表示される価格には、現金販売価格と現金支払総額の2つがあります。どちらを選ぶかは販売店次第で決まり、値段の横に「現金販売価格」もしくは「現金支払総額」と表記されています。

img_uprice_3
(参考:自動車公正取引協議会HP http://www.aftc.or.jp/mc/index.html)

品質評価書の例

品質評価書には、車両の各部(エンジン、足回り、伝記・保安、車体、外装)の状態が4段階評価(良好、要調整、要加修、要分解・交換)で明記されており、ユーザーでも簡単に状態が把握できるようになっています。

hinsituhyokasho
(参考:自動車公正取引協議会HP http://www.aftc.or.jp/mc/index.html)

こちらの記事もあわせてどうぞ

バイクを購入する時に気をつける5つのこと
バイクを購入する際には、次の5点に注意するようにしましょう。
バイクを購入する時に気をつける5つのこと
バイクを持つ
「バイクを持つ」では、バイクの購入方法、メンテナンス、保管方法、税金・保険・車検などの維持費について紹介しています。
バイクを持つ
バイクの最新ニュース
バイクの新型モデル情報、バイクグッズや法律動向などバイクに関わるバイク業界関連情報、バイクレース情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの最新ニュース
メーカーごとのバイク車種一覧とその特徴
メーカーごとにバイクの車種の特徴や、販売金額、売却予想金額などをまとめました。
メーカーごとのバイク車種一覧とその特徴
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ