だれがバイクを買うかによっては注意すべき点がある

成人が自分の名義で自分のバイクを購入する場合には特に問題ありませんが、特に未成年がからむ場合では「誰が」バイクを買うかで注意すべき点があります。

未成年がバイクを買うときには注意が必要

バイクの免許は16歳から取ることができますが、バイクを買う場合には基本的には親の同意が必要です。そのため、バイクを購入する場合には同意書などの提出が必要になります。

また、未成年など年齢が若い場合にはバイク保険(任意保険)も高くなってしまいます。「高いから入らない」としてしまうと、万が一事故を起こしてしまったときに大変なことになります。バイク保険は未成年でもお得に入ることができる方法がありますので、絶対に加入するようにしましょう。

→詳細は、「未成年のバイク購入の注意点

バイクの名義人と使用者が異なる場合

親が子供のためにバイクを買ってあげたり、ローンでバイクを購入した場合には、名義人と使用者が異なる場合があります。

こういった場合には、バイク保険(任意保険)に入ったり、バイクを売る場合などで通常の場合と手続きが異なることがあります。注意点をチェックしておきましょう。

→詳細は、「バイク購入時の名義人について

こんなバイクの基礎知識も紹介しています

●バイクについての基礎的な知識
「バイクを知る」では、交通違反やバイクの改造、バイクの種類や仕組みなど、バイク初心者の方に向けた情報を紹介しています。

バイクを知る
「バイクを持つ」では、バイクの購入方法、メンテナンス、保管方法、税金・保険・車検などの維持費について紹介しています。

バイクを持つ
「バイクを手放す」では、バイクを廃車にする、譲渡する、抹消する、処分する、パーツを売る時の基礎知識を紹介しています。

バイクを手放す

●バイクを売るための基礎知識


バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。

「バイクを売るコツ」はこちら
サブコンテンツ

ページの先頭へ