松井秀樹がバイク王のCMに出演する理由

バイク王は元メジャーリーガーの松井秀喜氏を広告に起用されています。元スポーツ選手の中でも高い人気を誇っていますがメディア出演が少ないことでも有名です。

バイク王で広告起用されてからまもなく丸3年が経過し、現在松井秀喜氏が出演する広告企業は、バイク王&カンパニー「バイク王」の1社のみになっています。

バイク王が起用する理由や、メディア嫌いな松井秀喜氏がバイク王の広告のみ出演を続ける理由について、当サイト独自に調査してきました。

松井秀喜氏がバイク王のCMや広告に出演する姿を見て、最初に思うのは「松井秀喜はバイク好きなの?」という疑問です。しかし、松井秀喜氏はバイクの免許を持っていないようです

ただし、現役時代にはバイクの免許を取ろうとしたこともあったようで、バイク王のCMに初めて起用された時の記者会見でも、免許取得に意欲を見せる発言をしていました。もともとバイクに興味は持っていたのは事実でしょう。

ネット掲示板では、一部で「松井氏とバイク王の社長は知り合い」という情報が出てきました、調査しても関係性を裏付ける情報は出てきませんでした。

結局ナゾは多いのですが、松井氏がバイクに興味を持っていたことにバイク王が目をつけたということなのでしょうか。3年も広告出演を続けているのは、バイク王の企業信念やサービスに共感している部分もあるのでしょう。

松井秀喜氏のバイク王CM出演情報まとめ

参考URL:https://www.oricon.co.jp/prof/219495/cm/

・2015年1月16日:新しい道を、走る。・ニューヨーク ブルックリンにて 「登場」篇
・2015年1月16日:バッティング・思い出の数だけ 「思い出の数だけ」篇
・2015年4月17日:物を大切に扱う 「大切」篇
・2015年7月17日:バッティング・見極める 「見極める」篇
・2015年9月18日:物を大切に扱う・グローブを譲る
・2016年1月15日:キャンプツーリング 「キャンプツーリング」篇
・2016年5月13日:気軽で、安心できるバイクバイフを。あなたのバイクを、待っている人がいます。150万台
・2016年7月19日:バイクライフを、もっと楽しく 「多様なバイクライフに」篇
・2017年1月20日:バイク買取キャンペーン中・No.1・毎日当たる!10万円! 「10万円キャンペーン」篇
・2017年4月21日:バイク好きのみなさーん!・No.1
・2017年7月21日:バイク好きのみなさーん!・必ずもらえる5000円

このほかにも多数の広告で起用されています。大手バイク雑誌「月間オートバイ」でも、毎月のように裏表紙付近に松井秀喜氏が登場する広告を掲載されています。

松井秀喜氏が出演するバイク王以外のCM出演情報

松井秀喜氏は国民的スターで好感度も高いため、大企業のCM出演を多数こなしてきました。しかし最後にバイク王以外でCM出演したのは、2015年の日本野球機構が最後で、一般企業で見れば2014年の花王以来、バイク王以外の企業CMには一切出演していません。2年以上は松井秀喜氏はバイク王が独占している形です。

・2015年9月 日本野球機構『キャンペーン』
・2104年3月 花王
・2004年〜2011年4月 小松製作所
・2009年8月〜2011年11月 キリンビバレッジ
・2003年〜2009年 ミズノ
・2008年 吉野家「牛丼」
・2007年 アサヒビール「スーパードライ」
・2004年〜2007年 ガリバー(車買取)
・2005年〜2007年 ミサワホーム
・2006年 東芝
・2005年 カゴメ
・2005年 明治安田生命
・2004年 サントリー「スーパーマグナム」
・2004年 JAL(日本航空)

■2003年以前のCM出演企業
ソニー、雪印、大塚製薬「オロナミンC、ロイヤルポリス」、久光製薬「エアーサロンパス」、富士通 etc

松井秀喜氏は働かなくても食べていける

松井秀喜氏は日米合わせて現役生活は20年あり、最高年棒は13億円です。巨人時代も当時のプロ野球最高年棒の6億1千万円まで上がっていて、日米通算で総額100億円以上は年棒だけで受け取っています。さらに、出来高払いや企業のCM出演料は含まれていないので、生涯年収はさらに高い数字になっています。

また、メジャーで10年弱の長い期間活躍をしたため、メジャーリーグ独自の年金を受け取れることも確定しています。65歳からメジャーリーグの年金を受け取った場合、日本円で年間1,000万円以上を受け取れる見込です。

現在も抜群の知名度と好感度からCMやテレビ出演依頼が多数来ていますが、そのほとんどを断っている状況です。また、巨人からは何度も監督オファーが来ているようですが、拒否をしているようです。

少なくてもバイク王のCMを含めて、一切働かなくても生涯、お金には困らないだけの大成功を収めています。高額な年金も保証されていますし、人柄的に浪費や投資で資産を溶かすような人にも見えません。バイク王はお金目的ではなく、松井秀喜氏の善意でCM出演をしているのでしょう。

現在もバイクの免許は持っていない?

松井秀喜氏はバイク(普通自動二輪)免許を保持していません。読売巨人軍に在籍していたい時には、バイクの免許を取ろうとしていたそうですが、怪我のリスクを理由に周囲から反対されて断念したそうです。

2015年1月にバイク王のCM発表の記者会見に登場した際には、バイク免許取得に意欲を見せました。メディアからは「どうせリップサービスでしょ?」と突っ込まれる場面もありましたが、本気を匂わす対応を取っていました。

このCM発表記者会見から間もなく3年が経過しますが、その後松井秀喜氏が免許を取得した情報は入ってきていません。メディアに出ない方なので、隠れて免許を取っている可能性もありますが、おそらく免許取得はしていないでしょう。現在は家族を最優先してアメリカ中心の生活をしているので、車中心の生活で落ち着いていると分析しています。

バイクと縁が少ない松井秀喜を起用した理由

松井秀喜氏はバイクに乗っていないのに、なんでバイク王のCMに起用されるのか疑問を持っている方も多いでしょう。実際に2015年の起用当初は「なぜバイクのことを知らない松井秀樹なんだ?」と指摘する意見も複数寄せられたそうです。

バイク王&カンパニー広告宣伝部長、薄井祐二氏は松井氏起用の理由は「信頼感」「誠実さ」「チャレンジ精神」などの人柄と、バイク王が目指すビジョンが一致したことだと回答しています。実際に松井秀喜氏をCM起用してから企業のブランドイメージも向上したようで、継続した起用を続けているそうです。

参考URL  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000013703.html

これまでもバイク王は雨上がり決死隊や中山エミリ、優木まおみなどバイクと縁のない芸能人を多数CM起用してきました。バイク王に限らず、企業の商品やサービスのCMは、出演者が好きかどうかではなく、企業のブランドイメージとの合致性が重要です。

たとえば車やバイクメーカーのCMには女性芸能人が起用されることが多数ありますし、お酒のCM=酒好きの芸能人なんてことは一切ありません。一部ではダイエットや薄毛治療、脱毛など悩みを持っている芸能人がモニターになるCMもありますが、全体的に見るとサービスと起用する芸能人の関連性は無いケースの方が多いです。

そもそも、松井秀喜氏はメディア出演しないことで有名なので、バイク王のCM出演を承諾して長年継続していること自体が凄いことです。コネクションだけではなく、松井秀喜氏本人もバイク王に共感しているところがあるのでしょう。

おわりに

バイク王はバイク買取業界では飛びぬけた存在です。他社はテレビCMそのものをほとんど行っていない中で、他の業種の大企業がオファーしても受けてくれない松井秀喜氏を出演させていることはすごいことです。

当然、強引な営業や安く買い叩く粗悪なサービスをすれば松井秀喜のイメージ悪化にもつながるので、大手らしく顧客満足度の高いサービスを提供している証拠でもあります。松井秀喜氏を起用してから3年の実績は、それだけバイク王の出張買取サービスや中古バイク販売事業の信頼性を市場から評価されていることも意味します。

バイクと松井秀喜氏には共通して硬派なイメージがあり、買取サービスは信頼性や誠実さ・謙虚さを重視されるので、CM起用するには最適な方だと言えるでしょう。この先もバイク王と松井秀喜氏のタッグを長く見れることを願っています。

どの買取業者に売るかお悩みの方へ



どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。

「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ