貴重な国産ミドルアドベンチャー Vストローム650がモデルチェンジ

2017年5月30日、スズキのミドルレンジアドベンチャーバイク「Vストローム650(XT)」がモデルチェンジしました。特徴は、600ccクラスの軽快さよりも、リッタークラスに負けないような重厚感と安定感を出した仕上がりです。

高速走行時や荷物の積載性にゆとりがあり、オンロード重視の標準モデルのほか、チューブレススポークホイール、ナックルガード、アンダーガードを装備した本格オフロードモデルのXTのラインナップです。

Vストローム1000とのシリーズ共通性を強化

Vストローム650は2003年に、Vストローム1000の弟分として発売されたロングセラーモデルです。
大型アドベンチャーバイクの注目度はここ数年で急上昇しましたが、国産アドベンチャーバイクの中でもVストロームシリーズは信頼性が高いです。

今回のモデルチェンジではトラクションコントロールが追加され、ABSも新世代ABSにパワーアップするなど電子制御が充実しました。

3段階に調整ができる大型可変スクリーンの採用をはじめ、Vストローム1000との共通性が強化されました。

魔法がかかったような万能バイク

Vストローム650は、ミドルレンジアドベンチャーバイクとして、取り回しの良さを兼ね備えています。600ccよりも排気量が大きいため、中低速トルクが太く加速力も兼ね備えています。

田舎の交通量が少ない片側1車線の一般道くらいであれば、ギアをホールドしたままのダッシュで、ほかの大型ロードバイクにも付いていくことができます。街乗りでの軽快さを持っている一方で、高速走行に入れば、まるでリッターバイクに乗っているかのような安定性があります

ネイキッドバイクに比べて重量がある分、クルージング時のゆとりがあり、場所を問わず十分な走行性能を発揮します。
オフロード走行を重視したい方は、スポークホイールを採用したXTがオススメです。スタンダートと比べてサスペンションは共通ですが、乗り比べれば違いを実感できるほど、しなやかなロードタッチになります。

まるで魔法がかかったかのような万能性を持っていますが、唯一の欠点は時速100kmを超える速度レンジになった時にハンドルがブレることです。時速100kmで巡航する場合のエンジン回転数は4,500回転ほどで、追い越し時の加速にもゆとりがあります。ただし、100kmを大きく超える速度域では、パワーとギア比の関係で苦しく感じてきます

日本では高速道路でも原則法定速度は100kmまでなので、実用域では全く気になりませんが、もっと飛ばして走りたい人は1,000ccを選んだ方がよいでしょう。今後は一部の高速道路で最高速度が120kmに上がる計画もあります。
高速走行でも時速80〜100kmくらいで、ゆとりを持ってクルージングしたい方は650ccで十分です。

XTモデルがオススメ


舗装道路重視は標準、オフロード重視はXTと目的を分けたグレード設定ですが、価格差と装備の充実度を考えれば幅広い方にXTをオススメできます

XTは標準グレードと比べて以下の変更点があります。

・チューブレススポークホイールを装着
・BSの最新タイヤ「アドベンチャーA40」を装着
・ナックルガード、アンダーガード、ハンドガードを標準装備

車両価格の差は43,200円です。キャストホイールからスポークホイールへの変更点だけで、価格差に見合う価値があります。また、XTに装着されたアドベンチャーA40のタイヤは評判が良く、足回りで標準グレードよりも舗装道路のちょっとした衝撃吸収力が優れて、乗り心地の違いを実感できます。

オフロード走行や激しい走行をしなくても、アドベンチャーバイクの外観上、ナックルガードやアンダーガードが付いていると見た目も良くなります。新車購入を検討している方は、是非XTを選んでください。

Vストローム650のスペック

車種名 Vストローム650ABS
排気量 645cc
新車価格 907,200円/950,400円(XT)
発売時期 2017年5月
エンジン形式 水冷4サイクル/DOHC V型2気筒
燃費 国土交通省届出値35.5 km/L (60 km/h) 2名乗車時
トランスミッション形式 6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
燃料供給方式 フューエルインジェクション
フレーム形式 ダイヤモンド
乾燥重量 212kg
乗車定員 2名
最高出力 51kW(69PS)/8,800rpm
最大トルク 61N・m(6.2kgf・m)/6,500rpm

まとめ

Vストローム650最大の魅力はコストパフォーマンスの高さです。100万円を切る価格帯ながら、公道での実用域で十分なスペックを確保しています。中低速トルクが太く、大型バイクならではの加速を楽しめて、車体と足回りがしっかりしているので、高速走行から悪路まで快適に走れます。

すでに国産アドベンチャーバイクの中では、高いブランド力を確保していて、今回のフルモデルチェンジもキープコンセプトにした点を評価できます。姉妹車種のVストローム1000シリーズとの共通点も増えて、より650のブランド力が高くなりました。

オールラウンダーの使い方をしたい場合や、高速道路で時速100kmのクルージングができれば十分という方に強くオススメできます。

どのバイク買取業者に売るかお悩みの方へ

厳選の1社に買取依頼するなら「バイク王」がおすすめ


バイクをなるべく高く、でもできるだけ手間をかけずに売却するには、面倒な手続きを代行してくれる「バイク買取業者」を利用するのがポイントです。バイク王は当サイト人気No.1。

『バイク王』の公式ホームページはこちら

一括査定でじっくり売り先を探す


手間と時間をかけても一円でも高く売りたい方は、複数社の査定を受けるのもいいですよ。

『バイク比較.com』で一括無料査定はこちら

バイクを売るコツをもっと知る

バイクをできるだけ簡単に売りたい方、できるだけ早く売りたい方はこちらの記事をご参考ください。
早く、簡単に売る中でも、できるだけ高く売る方法を紹介しています。

バイクを早く売る方法、簡単に売る方法

手間や時間がかかってもいいから、できるだけ高く売りたい方はこちらの記事をご覧ください。
できるだけ高く売る方法の中で、できるだけ手間がかからない方法を紹介しています。

バイクを手間がかかっても一円でも高く売る方法

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ