二輪教習14回目は「応用コース」「危険回避」に挑戦

こんにちは、免許取得挑戦中のマメです。
バイク教習第14回目は、入校から約6週間後の土曜の夕方に入れました。

第二段階になってからは4回目の教習です。
今回久しぶりに1日1時間だけの教習なので、特に集中して頑張りました。

まずは危険回避の体験

第二段階では特別な「体験」教習がありますが、今回は「危険回避」の体験でした。
これは、30kmほどである地点まで走り、教官が旗を上げた合図にしたがって、左右いずれかに避ける、というようなものです。

反射的に反応することはできるけど、頭を使って判断する場合には時間がかかること。
また、これは意外だったのですが、バイクは車よりも左右に避けるのが大変だということを教えていただきました。

卒業できたら、いきなり公道ですから肝に命じておかないと。。。

基本コースから応用コースへ

どこの教習所も同じかもしれませんが、二輪のコースは「基本コース」と「応用コース」の2種類が設定されており(名前は異なるかもしれません)、卒業検定の際には、当日どちらかのコースが指定されるそうです。

これまでは「基本コース」のみを練習していたのですが、今回は「応用コース」を練習しました。
ただし応用コースといっても、基本コースとほとんどかわらず、一本橋を行う順番が変わるくらいでした。

なので、各課目をクリアすることにも集中。
特に、急制動。今回はとにかく40kmを超えることに専念して練習しました。
するといつもと違った感覚が得られ始め、50%くらいの確率でクリアできるようになってきました。
もう一息で感覚が掴めそうなので頑張りますね!

こちらの記事もあわせてどうぞ

初心者「マメ」の「バイクはじめました!」のコーナー
バイク初心者の「マメ(私)」が、バイクの免許取得とバイク取得に挑戦します。バイク購入やバイクの乗り方なども紹介。
初心者「マメ」の「バイクはじめました!」のコーナー
バイクの基礎知識
バイクを持つ前・持っているときに知っておきたい初歩的な知識、バイクを購入するときに知っておきたいこと、バイクを手放すときに知っておきたいことを紹介しています。
バイクの基礎知識
バイクの最新ニュース
バイクの新型モデル情報、バイクグッズや法律動向などバイクに関わるバイク業界関連情報、バイクレース情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの最新ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ