バイクを買う時に最低限揃えておきたいグッズを聞いてみた②

こんにちは。サイト運営者の「マメ」です。

バイクを買うときに最低限揃えておきたいグッズについて、ブルさんに相談してきたのですが、その中でヘルメット選びをもっと詳しく聞きたいと思いました。

ヘルメットの種類やブランド、選ぶ時の種類について、ブルさんに聞いてきました。
(ヘルメット以外の選び方はこちら→「バイクを買う時に最低限揃えておきたいグッズを聞いてみた①」)

バイク用ヘルメット選びのポイント

マメ
はじめてバイクを買おうと思っているのですが、どういったヘルメットを買ったらいいですか?
オススメなどありますか?
ブルさん
まずバイク用のヘルメットは、PSCマークとSGマークが付いている物を必ず着用してください

PSCマークとは、国が定める安全基準に適合しているヘルメットに貼られるシールです。PSCマークが無いヘルメットの着用は、道路交通法違反になります。SGマークは製品安全協会の安全基準に適合した証です。

任意基準ですが、日本で売られているPSC適合のバイク用ヘルメットは、ほとんどSGマークもセットで付いてきています。
バイク用品店や、ホームセンターで売っているバイク用ヘルメットは、必ずPSCマークとSGマークが付いていますが念のため確認しておきましょう。

工事用ヘルメットやスケートボード用など、バイク以外の用途で使うヘルメットの着用は禁止です

ヘルメットの種類

ブルさん
まずは、ヘルメットにはいくつかの形状でカテゴリー分けされているので、代表的な種類を紹介しますね。
フルフェイス
名前の通り、顔全体を覆うヘルメット。安全性がもっとも高いが、圧迫感や蒸れなどの快適性がネック。
スポーツバイク、ネイキッド、通勤用バイクで人気です。
ジェットヘルメット
フルフェイスのアゴの部分が無い形状で、頭頂部から後頭部が守られます。シールド有りとシールド無しがあります。
ストリートバイクやアメリカンバイクで人気です。
システムヘルメット
フルフェイスのアゴの部分も開閉できる機能が付いています。通常のフルフェイスはシールドの開閉だけです。
安全性はフルフェイスと同等で、ヘルメットを脱がなくても顔を出すことができます。ただし重量が重いのがネック。
オフロード
フルフェイスをオフロード走行向けに改良されたもの。息ががっても苦しくないようにアゴが出っ張っていて、顔を正面から衝突しても守られるように、オデコの上が伸びている形状です。
バイザー付きの製品もありますが、バイザーなしでゴールドと合わせるものが人気。オフロード、モトクロスバイクにオススメです。
半キャップ/ハーフヘルメット
半帽タイプで、頭頂部のみを守るヘルメットです。安全性が低く高速走行に弱いですが、軽くて開放感があります。
街乗り用にオススメです。
マメ
どの種類のヘルメットがオススメですか?
ブルさん
ヘルメットの種類選びは好みや、バイクの車種との組み合わせ、バイクの用途によって変わってきます。
ヘルメット選びには、「安全性」、「快適性」、「デザイン性」の3つのポイントがあります。
ヘルメット本来の役割の安全確保を優先するのであれば、車種や用途を問わずフルフェイス(オフロードバイクなら、オフロードヘルメット)がオススメです

ただ、ほかのヘルメットでも、PSCとSGに適合していれば、国が認めた安全性を確保しているので、最低限の保護性能があります。
快適性を重視するなら、ジェットヘルメットや半キャップでもいいと思います

ちなみに、私はフルフェイスと半キャップを所有して、用途に応じて使い分けています。
もし、アメリカンバイクを買うなら、フルフェイスよりもジェットヘルメットの方がバイクとの見た目の相性が良いと思います。

ヘルメットはバイク乗りのセンスが現れる部分です。
自分がカッコイイと思えるヘルメットを選んだり、ほかのバイク乗りのヘルメットの中から、カッコイイと思えるものを探して参考にしてみましょう。

オススメのヘルメットブランド

マメ
フルフェイスかジェットヘルメットは良いのを一つ持っておきたいのですが、どのブランドがいいですか?
ブルさん
ヘルメットの一流ブランドは、ARAI(アライ)、SHOEI(ショーエイ)、OGK、シンプソンなどがあります。

シンプソンは玄人好みの個性が強い高級ブランドなので、もともと興味を持っていないのであれば、最初に買うヘルメットの候補からは除外してもいいと思います。

トップブランドはARAIとSHOEIで、OGKは3番手です
OGKは以前は安全基準は上位2社に劣ると言われていましたが、近年は性能・品質が向上しました。
一昔前は安さで選ぶならOGKと言われていましたが、最近ではOGKのヘルメットもアライ、ショーエイと同等水準です。

この3社であれば、どこのブランドを選んでもいいと思います。
大型のバイク用品店に行けば、いろいろなメーカーのヘルメットをかぶってみることができます。
自分の頭の形状と相性が良いヘルメットを探してみてください。

もし、メーカーごとのかぶり心地の差がないのであれば、私個人的にはARAIかSHOEIをオススメします。
販売実績も豊富で、スクリーンやインナーパットなど付属品も充実していて、メーカー修理の取次ショップも豊富です。

ちなみに私はアライのヘルメットがシールドの可動部にカバーがついているのがカッコよくて高級感があるように感じて、フルフェイスは3個所有してますが全部アライです。

あとは、単色のシンプルなものや、デザイン塗装済のものがあるので、気に入ったデザインのヘルメットを見つけたら、メーカーを気にせずに買ってもいいと思います。

ヘルメットのグレードの違い

マメ
たとえばアライのヘルメットでも3万円くらいで売っているものと、6万円以上するものがあります。
この違いって何ですか?
ブルさん
アライのヘルメットの場合、現在5個のグレードがあります。(クアンタム、ラパイド、ベクター、アストラル、RX-7X)
ヘルメットを見るときは値段ではなくても、グレードを見てください。

それぞれのグレードで単色とグラフィックモデル(派手なペイントをされている)があります。
グラフィックモデルが高額なのは塗装費用の差で、中身は同じグレードで安く売られている単色モデルと同じです。

上位グレードは、軽さやデザイン性、オプションパーツの多さ(カスタム性)が優れています
安全性に差はなく、アライなどトップブランドの製品なら、クアンタムやラパイドなどの低グレードでも信頼性は高いです。

気に入ったヘルメットが、クアンタムやラパイド、ベクターだった場合、サイズとかぶり心地に問題がなければ、それを選べばいいと思います。
気に入ったヘルメットが、アストラルやRX-7Xなど5万円前後するようなグレードだった場合、初心者が使うヘルメットとしてはもったいないかもしれません。
買うならより安全運転を心がけて、保管も大切にする気持ちを持ちましょう。

ヘルメットは一生モノではありません
転倒などで破損したら交換が望ましいですし、トップメーカーでも耐用年数とサポート期間を10年前後にしています。
最初はアライやショーエイの安いモデルを買って、慣れてきたら上位モデルやグラフィックデザインのヘルメットに買い換えてもいいと思います。

マメ
分かりました。まずは在庫が多いバイク用品店に行って、いろいろなヘルメットを見たり、かぶってみることから始めます。

こちらの記事もあわせてどうぞ

初心者「マメ」の「バイクはじめました!」のコーナー
バイク初心者の「マメ(私)」が、バイクの免許取得とバイク取得に挑戦します。バイク購入やバイクの乗り方なども紹介。
初心者「マメ」の「バイクはじめました!」のコーナー
バイクの基礎知識
バイクを持つ前・持っているときに知っておきたい初歩的な知識、バイクを購入するときに知っておきたいこと、バイクを手放すときに知っておきたいことを紹介しています。
バイクの基礎知識
バイクの最新ニュース
バイクの新型モデル情報、バイクグッズや法律動向などバイクに関わるバイク業界関連情報、バイクレース情報の最新ニュースを紹介しています。
バイクの最新ニュース
バイクを売るコツ
バイクを売るコツをつかめば、早く売る、高く売る、簡単に売るなど自分の希望に応じた売り方を選ぶことができます。
「バイクを売るコツ」はこちら
どの買取業者に売るかお悩みの方へ
どこの買取業者に売るかで迷ったら、当サイトのおすすめ買取業者をご参考下さい。 みんながどこでバイクを売っているか、買取業者利用アンケートも紹介しています。
「おすすめのバイク買取業者」はこちらで紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ